Windows 10 Creators Update

機能の紹介

Windows 8シリーズ、Windows 7をお使いのユーザー様からのご要望を取り入れ、使いなれた操作感のまま、さらに機能が向上しました。
また、Windows 10の継続した大きな更新での機能追加などにより、さらに進化していきます。

Windows 10の主な機能

Windows 10の主な機能をご紹介します。
※リンクをクリックすると、詳しい説明が表示されます。

主な機能 説明
スタートメニュー
デスクトップモードのスタートメニューは、Windows 8シリーズとWindows 7の融合型に進化し、より使いやすくなりました。
左側に「すべてのアプリ」一覧、右側にタイル表示の「アプリ」一覧などが表示されます。
詳しくは「機能の説明」をご覧ください。
タブレットモード
タブレットモードは、Windows 8シリーズのスタート画面のような、タッチ操作に適した画面表示です。
詳しくは「機能の説明」をご覧ください。
仮想デスクトップ
同時に複数の作業を行う際、1つの画面に複数の窓を表示しなくても、デスクトップそのものを切り替えられるので効率的で便利です。
(デスクトップモードのみ)
詳しくは「機能の説明」をご覧ください。
アクションセンター
Windowsやアプリからの通知を一覧で確認したり、よく行う各種設定なども簡単に呼び出せます。
詳しくは「機能の説明」をご覧ください。
Microsoft Edge
Windows 10から搭載された新しいブラウザです。
ページに直接メモを書き込める「Webノート」機能、後で読みたい記事を保存できる「読み取りビュー」機能があり、それらをメールやソーシャルネットワークなどで共有することができるようになりました。
Cortana
ローカルアカウントでもMicrosoftアカウントでも利用できる、日本語音声対応パーソナルアシスタントCortana(コルタナ)。
タスクバーにある検索窓から以外に、呼びかけるだけで検索や、スケジュール・リマインダーの確認などが行えます。
詳しくは「Cortanaを使用する」をご覧ください。
Windows Hello
パスワードを入力せずにカメラや指紋リーダーで本人確認し、簡単に自動でサインインできます。
※Windows Hello(生体認証)でサインインする場合は、
 Windows Hello対応のデバイスが必要となります。
詳しくは「Windows Hello(生体認証)でサインインする」をご覧ください。
Windows Ink
「付箋」「スケッチパッド」「画面スケッチ」をすぐに起動できます。
「画面スケッチ」では、手書き入力機能を用いて、取り込んだ画像に直接文字やイラストなどを書き込んだり、デジタル定規で直線を引いたりすることが可能です。
コンパクトオーバーレイウインドウ
動画再生アプリやメッセージングアプリなど、常に表示したいアプリを小さなウィンドウで最前に表示できる機能です。
詳しくは「機能の説明」をご覧ください。
夜間モード
ブルーライトの色合いを抑え、ディスプレイの明るさを暖色系にすることで疲れ目の対策ができる機能です。
ページトップへ戻る