Windows 10 Creators Update

機能の説明

ここでは、主な機能をご説明します。

スタートメニュー

Windows 10のスタートメニューは、左側にWindows 7 のような「すべてのアプリ」一覧メニュー、右側にWindows 8シリーズのようなピン留めした「アプリ」一覧メニューが表示されています。
また、「ユーザー」「設定」「電源」などはアイコンのみで、左下の一か所にまとめて表示されています。


 


スタートメニューの詳細

項目 内容
① ハンバーガーメニュー クリックするとスタートメニュー左下にまとめられているアイコン名が表示されます。
② すべてのアプリ すべてのアプリがアルファベット順、50音順、漢字順に最初から展開されています。
③ ユーザーアイコン カーソルを合わせるとサインインしたユーザー名が表示されます。
ここをクリックして、アカウントの設定変更やロック、サインアウトができます。
④ 設定 クリックするとパソコンの設定変更などができる、設定画面が表示されます。
⑤ 電源 クリックすると電源オプションが表示されます。
パソコンのシャットダウンやスリープ、再起動ができます。
⑥ スタートボタン クリックするとスタートメニューが表示されます。
※スタートメニューが表示されている状態でクリックするとスタートメニューが閉じます。
⑦ タイルメニュー Windows 8シリーズのスタート画面で表示されていたピン留めしたタイルメニューが表示されます。
ライブタイルを[オン]に設定することでニュースや天気など、最新の情報も表示されます。
また、スタートメニューの画面サイズを変更すると、タイルメニューの並びは自動的に変更されます。
ページトップへ戻る

タブレットモード

Windows 8シリーズのスタート画面のような、タッチ操作に適した画面が全画面で表示されます。

タブレットモードの表示について

項目 内容
① ハンバーガーメニュー クリックするとスタートメニュー左側にまとめられているアイコン名が表示されます。
② ピン留めしたタイル ピン留めしたアプリが表示されます。タブレットモード起動時は常にこの画面が表示されます。
③ すべてのアプリ クリックするとすべてのアプリがアルファベット順、50音順、漢字順に表示されます。
④ ユーザーアイコン カーソルを合わせるとサインインしたユーザー名が表示されます。
ここをクリックして、アカウントの設定変更やロック、サインアウトができます。
⑤ 設定 クリックするとパソコンの変更などができる、設定画面が表示されます。
⑥ 電源 クリックすると電源オプションが表示されます。
パソコンのシャットダウンやスリープ、再起動ができます。
⑦ タスクバー タブレットモード時でも積んいタスクバーが表示されます。
(検索)・(タスクビュー)・(アクションセンター)などのアイコンが表示されています。
タスクバーに、よく利用するアプリのピン留めをしておくことで、よく使うアプリがすばやく起動できます。
ページトップへ戻る

仮想デスクトップ

1つのディスプレイで、マルチディスプレイ環境のように複数のデスクトップを利用できる仮想デスクトップ機能が、Windows10で実装されました。
同時に複数の作業を行う際、1つの画面に複数の作業窓を表示しなくてもデスクトップそのものを切り替えられて操作できるため、利便性や効率化を上げることができます。


仮想デスクトップの操作方法
タスクバーにある(タスクビューアイコン)をクリックし、画面右端に表示される「+新しいデスクトップ」をクリックすると、仮想デスクトップが作成されます。
(操作を繰り返すと新たな仮想デスクトップが作成されます。)


仮想デスクトップの切り替え方法は、(タスクビューアイコン)をクリックし、画面中央の下側に表示されたアイコンをクリックすることで切り替わります。

ページトップへ戻る

アクションセンター

Windowsやアプリからの各種通知を一覧で見ることができます。
従来Windowsアプリからの通知は時間が経つと消えていましたが、Windows10ではアクションセンターでまとめて管理します。
「タブレットモード」ボタンなどのよく行う設定切り替えが簡単にできる各種ボタンが設置されています。


アクションセンターの詳細

項目 内容
① イベントの通知 アプリなどからの通知が表示されます。
② 各種設定ボタン 「タブレットモード」や「すべての設定」などのよく使う設定の切り替えが簡単にできます。
③ アクションセンター
  アイコン
をクリックするとアクションセンターが表示されます。
通知があるときはアイコンがに変わります。
ページトップへ戻る

コンパクトオーバーレイウインドウ

常に表示したいアプリを小さなウィンドウで、別のウィンドウより上に表示する機能です。常に最前に表示できるため、動画再生アプリやメッセージングアプリの表示に便利です。
(※コンパクトオーバーレイウィンドウに対応しているアプリのみ)


コンパクトオーバーレイウインドウの切り替え方法
コンパクトオーバーレイウィンドウに対応しているアプリを表示している状態で、ウィンドウ右下の(ミニビューで再生)をクリックします。


ウィンドウが小さく表示され、他のアプリを起動してもミニビューのウィンドウが最前に表示されます。