Windows 10 Creators Update

タッチキーボード各ボタンの機能(タッチパネル搭載モデルのみ)

既定のタッチキーボードに配置されている各ボタンの機能についてご案内します。
※手順内のリンクをクリックすると、用語の説明が表示されます。

【既定のタッチキーボード】

各ボタンの機能

タッチキーボード各ボタンの機能を説明します。

バックスペースキー
カーソルより前にある文字を削除します。
エンターキー
改行します。
入力状況によって、[検索]や[確定]などへ表記が変わります。
Caps Lock(キャプスロック)キー
アルファベットの大文字小文字を切り替えます。
左右に同じキーがありますが、どちらも同じ機能です。
ダブルタップ(素早く2回タップ)すると、Caps Lock固定状態(キーが)となり、連続して大文字を入力することが可能な状態になります。
固定状態で、Caps Lockキーをもう一度タップすると、オフ状態に戻ります。
記号・数字キー
記号・数字などのキーボードレイアウトに切り替わります。(下図)
記号・数字キーをもう一度タップすると、元のレイアウトに戻ります。
コントロールキー
コピー(ctrl + c)や貼り付け(ctrl + v)などのキーボードショートカットに利用します。
コントロールキーをタップしてからアルファベットをタップします。
物理キーボードのような同時押しはできません。
絵文字キー
絵文字キーボードに切り替わります。(下図)
Unicode標準絵文字ですので、 携帯・スマートフォンへのメールにも利用できます。
絵文字キーをもう一度タップすると、元のレイアウトに戻ります。
入力モードの切り替え
文字入力モードを切り替えます。
タップするごとに[あ]や[A]に切り替わります。
・[あ]:日本語入力モード
・[A]:アルファベット入力モード

日本語入力中はボタンが[カナ英]に変わります。
[カナ英]をタップするとカタカナに変換できます。
スペースキー
空白を入力します。

日本語入力中はボタンが[次候補]に変わります。
[次候補]をタップすると日本語変換を行います。
次頁キー
通常はグレーになりタップ出来ない状態ですが、日本語入力中はボタンがタップできるようになります。
[次頁]をタップすると、変換候補表示がスクロールします。
カーソルキー
カーソルを左右に移動することが出来ます。
キーボード切り替え
キーボードレイアウトを切り替えることが出来ます。
各キーの機能については、「キーボードレイアウトを切り替える」をご覧ください。
ページトップへ戻る