Windows 10 Creators Update

Cortanaを使用する

Windows 10 November updateから利用可能になった新しい検索機能「Cortana(コルタナ)」。
事前の設定が必要になりますが、ロック画面などでも「コルタナさん」と呼びかけるだけで検索の他にもスケジュール・リマインダーの確認など頼もしい音声対応パーソナルアシスタントとしてご利用いただけます。

Cortanaの初期設定方法

ローカルアカウントでもCortanaを利用することは可能ですが、Microsoftアカウントでサインインすることでリマインダー機能なども使用できるようになります。

  1. インターネットに接続した状態で、画面左下の[検索枠]をクリックし、[Cortana ができることはこれだけではありません...]をクリックします。
    ※タブレットモードの場合は、画面左下のをクリックし、[Cortana ができることはこれだけで
     はありません...]をクリックします。

  2. 内容を確認し、[許可します]をクリックします。

  3. [サインイン]をクリックします。

  4. お持ちのMicrosoftアカウントの「メール、電話、またはSkype」を入力し、[次へ]をクリックします。
    ※Microsoftアカウントをお持ちでない場合は、[作成しましょう!]をクリックし、Microsoftアカウ
     ントを作成してください。

  5. 「パスワード」を入力し、[サインイン]をクリックします。

  6. [次へ]をクリックします。

  7. をクリックしてCortanaに話しかけることで、リマインダー機能などをご利用いただけます。
    ※キーボード入力でもリマインダー登録ができます。

補足情報
  Cortanaの各メニューについて説明します。
  Cortana画面 例
  
項目 内容
① メニューボタン クリックすると各アイコンの名前を表示します。
② ホーム 情報表示とその詳細設定を行えます。
③ ノートブック ユーザー情報、リマインダー、Cortanaのヒント(ヘルプ)の確認や設定ができます。
④ 設定 Cortanaの設定をすることができます。
⑤ フィードバック Cortanaを使用した感想をMicrosoft社に送信できます。
⑥ 検索窓 タスクバーに検索窓が常時表示されているので、入力も素早く行えます。
検索/確認したい項目を入力します。
⑦ マイク クリックして検索/確認したい項目を直接Cortanaに話しかけます。
※呼びかける設定を[オン]にしている場合は、クリックする必要がありません。
ページトップへ戻る