Windows 10 Creators Update

仮想デスクトップにアプリを移動する

複数のアプリを起動して作業が行いにくくになった場合に、追加した仮想デスクトップにアプリを移動すれば作業の効率化をあげることができます。
仮想デスクトップを追加する方法は、「仮想デスクトップを追加する/削除する」をご参照ください。
※タブレットモードでは、仮想デスクトップを使用することができません。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリック、「長押し」がマウスの右クリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

1.既存の仮想デスクトップにアプリを移動する方法

既存の仮想デスクトップにアプリを移動する方法を説明します。

  1. 画面下部にある(タスクビュー)をクリックします。
  2. 移動したいアプリを左クリックしたまま、移動先のデスクトップアイコン(例:デスクトップ 2)まで移動します。
  3. 「デスクトップ 2」にアプリが移動します。
    ※元の「デスクトップ 1」のアプリがひとつ減り、移動させたアプリは「デスクトップ 2」を
     クリックすると操作できます。
ページトップへ戻る

2.新しい仮想デスクトップにアプリを移動する方法

新しい仮想デスクトップにアプリを移動する方法を説明します。

  1. 画面下部にある(タスクビュー)をクリックします。
  2. 移動したいアプリを右クリックし、[移動]をクリックします。
  3. [新しいデスクトップ]をクリックします。
    ※すでにデスクトップが追加されている場合は、「デスクトップ 2」などが表示され、
     こちらを選択することもできます。
  4. 新しいデスクトップ(例:デスクトップ 2)にアプリが移動します。
    ※元の「デスクトップ 1」のアプリがひとつ減り、移動させたアプリは「デスクトップ 2」を
     クリックすると操作できます。
ページトップへ戻る