Windows 10 Creators Update

スクリーンセーバーを設定する

スクリーンセーバーを設定する手順をご案内します。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリック、「長押し」がマウスの右クリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

スクリーンセーバーを設定する方法

スクリーンセーバーを設定する方法を説明します。

  1. [個人用設定]を表示します。
    ・デスクトップモードの場合は、画面の背景部分を右クリックし、[個人用設定]をクリックします。
    ・タブレットモードの場合は、画面左下のをクリックし、[個人用設定]をクリックします。
  2. [ロック画面]をクリックし、下方にスクロールして[スクリーン セーバー設定]をクリックします。
  3. スクリーンセーバーの種類を選びます。
    ※[プレビュー]をクリックしてスクリーンセーバーの動作を確認することができます。
  4. スクリーンセーバーに切り替わるまでの待ち時間を設定します。
    「再開時にログオン画面に戻る」のチェックをオンにすると、スクリーンセーバー解除時にログオン画面が表示されます。
  5. 設定が終わりましたら、[OK]をクリックします。
  6. [×]をクリックし、個人用設定画面を閉じます。
  7. 指定した待ち時間、何も操作せずに放置しておくと、スクリーンセーバーが動作します。
ページトップへ戻る