Windows 10 Creators Update

タスクバーに検索窓を表示しない

Windows 10 の初期設定では、デスクトップモードのタスクバーの中に検索窓が表示されています。
タスクバーにアプリのアイコンなどを数多く表示したい場合には、検索窓を表示しないように設定変更することができます。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリック、「長押し」がマウスの右クリックと同じ操作になります。
  (タッチパネル搭載モデルのみ)

タスクバーに検索窓を表示しない方法

タスクバーに検索窓を表示しない方法を説明します。

  1. 検索窓もしくはタスクバーの空白分を右クリックし、[Cortana]をクリックします。
  2. 「表示しない」をクリックします。

補足情報
タスクバーに検索窓を「表示しない」や、他の選択肢を選んだ場合は下記のような状態になります。
・「表示しない」を選択した場合


・「Cortana アイコンを表示」を選択した場合


・「検索ボックスを表示」を選択した場合(初期設定)

ページトップへ戻る