Windows 10 Creators Update

ストレージセンサーを設定する

一時ファイルやゴミ箱などにあるファイルを定期的に自動で削除し、空き領域を増やす機能です。
ストレージセンサーを設定する手順をご案内します。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

ストレージセンサーを設定する方法

ストレージセンサーを設定する方法を説明します。

  1. [設定]を表示します。
    ・デスクトップモードの場合は、画面左下のをクリックし、をクリックします。
    ・タブレットモードの場合は、画面左下のをクリックします。
  2. [システム]をクリックします。
  3. [ストレージ]をクリックし、「ストレージセンサー」を[オン]にします。
    ※初期設定では[オフ]になっています。
  4. 右上の[×]をクリックし、ウィンドウを閉じます。

補足情報
空き領域を増やす方法を変更したり、すぐに空き領域を増やすこともできます。

  1. 手順3.の画面の[空き領域を増やす方法を変更する]をクリックします。
  2. 設定の変更ができます。
    [1] 空き領域を増やす方法の変更
    空き領域を増やす方法をオン・オフ設定できます。
    ※ストレージセンサーが[オン]の場合にの
     み、設定値で動作します。
    [2] 今すぐ空き領域を増やす
    [今すぐクリーンアップ]をクリックすると、すぐに不要ファイルを削除し、空き領域を増やすことができます。
    ※ストレージセンサーが[オン][オフ]どち
     らの状態でも動作します。

ページトップへ戻る