Windows 10 Creators Update

Windows PowerShellとコマンドプロンプトを切り替える

画面左下の(スタートボタン)を右クリック、または【Windows ロゴ】キー + 【X】キーを押すことで表示されるシステムコマンドメニューには、「Windows PowerShell」があります。
この「Windows PowerShell」を「コマンドプロンプト」に切り替える手順をご案内いたします。
※初期設定では、「Windows PowerShell」が表示されています。

Windows PowerShellとコマンドプロンプトとは
「Windows PowerShell」と「コマンドプロンプト」はどちらもWindowsの操作や設定などを、コマンド(命令文)を使用して実行させるツールです。
Windows PowerShellはコマンドプロンプトの後継ツールとなり、コマンドプロンプトよりも細かな命令を実行させることができます。


※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリック、「長押し」がマウスの右クリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

Windows PowerShellとコマンドプロンプトを切り替える方法

Windows PowerShellとコマンドプロンプトを切り替える方法について説明します。

  1. 「個人用設定」を表示します。
    ・デスクトップモードの場合は、画面の背景部分を右クリックし、[個人用設定]をクリックします。
    ・タブレットモードの場合は、画面左下のをクリックし、[個人用設定]をクリックします。
  2. [タスクバー]をクリックし、「[スタート]ボタンをクリックするかWindows キー + X キーを押したときに表示されるメニューで、コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える」を[オフ]にします。
  3. Windows PowerShellとコマンドプロンプトが切り替わります。
    [オン]の場合
    [オフ]の場合
ページトップへ戻る