Windows 10 Creators Update

Windows Update 更新時間の指定を変更する

Windows 10では、Windows Update が自動で更新されるように設定されています。
Windows Updateで更新プログラムの適用に再起動が必要な場合に、「アクティブ時間」として再起動を制限することでパソコン作業中などの予期せぬ再起動を防ぐことができます。
また、適用に再起動が必要な場合にのみ一時的に再起動の時間を設定することもできます。
※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

1.アクティブ時間の設定を変更する方法

アクティブ時間の設定を変更する方法を説明します。

  1. [設定]を表示します。
    ・デスクトップモードの場合は、画面左下のをクリックし、をクリックします。
    ・タブレットモードの場合は、画面左下のをクリックします。
  2. [更新とセキュリティ]をクリックします。
  3. [Windows Update]をクリックし、[アクティブ時間の変更]をクリックします。
    2.再起動の時間を設定する方法で一時的に再起動の時間を設定している場合は、「アクティブ時
     間の変更」が表示されず、設定できません。


    補足情報
    アクティブ時間の変更は、適用する更新プログラムがない時でも変更可能です。
    ※更新プログラムの適用に再起動が必要な場合のみ、「更新状態」に現在設定しているアクティブ時間が表示されます。
    更新プログラムがない場合
    再起動が必要な更新プログラムがある場合
  4. 「開始時刻」または「終了時刻」のボックスをクリックし、再起動をさせたくない時間を「アクティブ時間」として設定します。
    ※初期設定では、8:00〜17:00がアクティブ時間になっています。
  5. アクティブ時間(例:8:00〜20:00)を選択後をクリックし、[保存]をクリックします。
    ※アクティブ時間は最大で18時間まで設定が可能です。
  6. アクティブ時間の設定が変更されます。
ページトップへ戻る

2.再起動の時間を設定する方法

再起動の時間を設定する方法を説明します。
※更新プログラムの適用に再起動が必要な場合にのみ、再起動の時間を設定することができます。

  1. [設定]を表示します。
    ・デスクトップモードの場合は、画面左下のをクリックし、をクリックします。
    ・タブレットモードの場合は、画面左下のをクリックします。
  2. [更新とセキュリティ]をクリックします。
  3. [Windows Update]をクリックし、[再起動のオプション]をクリックします。
  4. 「時刻をスケジュール」を[オン]にします。


    補足情報
    「オフ」のボタンがクリックできない場合は、更新プログラムの適用がない状態です。
  5. 「時刻を選ぶ:」と「日を選ぶ:」のボックスをクリックし、再起動する日時を設定します。
    ※時刻は1分単位、日は6日後まで設定が可能です。
    (例:時刻「18:35」、日「2017年10月1日」)
  6. 再起動の時間が設定されます。
ページトップへ戻る