Windows 10 Creators Update

InPrivateウィンドウで開く

「Microsoft Edge」でInPrivateウィンドウを利用すると、閲覧データ(Cookie、履歴、一時ファイルなど)やMicrosoft IMEの入力履歴を残さずにWebページを閲覧することができます。

※InPrivateウィンドウで開いている場合は、画面左上に「InPrivate」と表示されます。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリック、「長押し」がマウスの右クリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

1.「タスクバー」から開く方法

「タスクバー」からInPrivateウィンドウを開く方法を説明します。

  1. タスクバーにある(Microsoft Edge)を右クリックし、[新しい InPrivate ウィンドウ]をクリックします。
  2. InPrivateウィンドウが開きます。

    ※InPrivateウィンドウを終了したい場合は、右上の[×]をクリックします。
ページトップへ戻る

2.「Microsoft Edge」を起動している状態から開く方法

「Microsoft Edge」を起動している状態からInPrivateウィンドウを開く方法を説明します。

  1. 「Microsoft Edge」を起動している状態で右上の(設定など)をクリックし、[新しい InPrivate ウィンドウ]をクリックします。
  2. 新しく、InPrivateウィンドウが開きます。

    ※InPrivateウィンドウを終了したい場合は、右上の[×]をクリックします。
ページトップへ戻る