Windows 10 Creators Update

Windows ストアアプリメール初回起動時の設定

Windows ストアアプリメール初回起動時の設定手順をご案内します。
※Windows 10の「メール」アプリは、ローカルアカウントでサインインしている場合でも、Microsoftアカウントでサインインしている場合でもご利用できます。
※Microsoftアカウントでサインインしている場合、サインインしているMicrosoftアカウントに使用しているメールアドレス以外のメールアカウントを「メール」アプリに設定することも可能です。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

Windows ストアアプリメール初回起動時の設定方法

Windows ストアアプリメール初回起動時の設定方法について説明します。

  1. 画面左下の(スタートボタン)をクリックし、タイルメニューの[メール]をクリックします。
  2. [+ アカウントの追加]をクリックします。

    補足情報
    パソコンのサインイン時に、Outlook.comアドレスを使用したMicrosoftアカウントでサインインしている場合は、「追加したアカウント」に自動で追加されるため、メールの設定は不要です。
    [受信トレイに移動]をクリックし、すぐにメールをご利用できます。
    ※「追加したアカウント」に自動で追加されているメールアドレス以外を設定したい場合は、
     手順3.に進みます。
  3. 設定したいメールアドレスのアカウントをクリックします。
     アカウント名をクリックすると、次の手順に移動します。
     ≫ Outlook.com(Outlook.com、Hotmailアカウント)
     ≫ Exchange
     ≫ Google(Gmailアカウント)
     ≫ iCloud
     ≫ その他のアカウント(その他のアカウント(POP/IMAPメール))
     ≫ 詳細セットアップ(手動で詳細セットアップを行うアカウント)
  4. 各アカウントの設定を行ないます。
    【Outlook.com(Hotmailアカウント)の場合】
    メールアドレスを入力して、[次へ]をクリックします。
    パスワードを入力して、[サインイン]をクリックすると、メールが利用できるようになります。


    【Exchangeアカウントの場合】
    メールアドレスを入力後、[次へ]をクリックして、各項目を入力するとメールが利用できるようになります。


    【Google(Gmailアカウント)の場合】
    Gmailのメールアドレスを入力して、[次へ]をクリックします。
    パスワードを入力して、[接続]をクリックすると、メールが利用できるようになります。


    【iCloudアカウントの場合】
    メールアドレス・この名前を使用してメッセージを送信・パスワードを入力して[サインイン]をクリックすると、メールが利用できるようになります。


    【その他のアカウント(POP/IMAPメール)の場合】
    メールアドレス・この名前を使用してメッセージを送信・パスワードを入力して[サインイン]をクリックすると、メールが利用できるようになります。


    【手動で詳細セットアップを行うアカウントの場合】
    [Exchange ActiveSync]もしくは[インターネットメール(POP/IMAPメール)]をクリックすると、詳細設定が行なえます。


    「Exchange ActiveSync」の入力画面
    「インターネットメール」の入力画面
    ※入力項目については、プロバイダから指定されている設定を事前にご確認ください。
    ※必要事項のご入力後[サインイン]をクリックするとメールが利用できるようになります。
ページトップへ戻る