Windows 10 Creators Update

Windows Hello(生体認証)を設定する

顔認証や指紋認証でサインインできるWindows Helloの設定手順をご案内します。

Windows Helloの顔認証機能や指紋リーダーに対応しているパソコンで、サインインパスワードを入力せずにサインインをすることができます。
※Windows Helloを設定する場合は、PINコード(暗証番号)の設定が必要です。
 PINコードの設定方法につきましては、「PINコード(暗証番号)を設定する」をご覧ください。
※Windows Helloは、サインインやロック解除時のみ、サインインパスワードの代替として利用することができます。
 Windows Helloでのサインイン手順につきましては、「Windows Hello(生体認証)でサインインする」をご覧ください。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

Windows Hello(生体認証)を設定する

Windows Hello(生体認証)を設定する方法について説明します。
※ここでは、顔認証での設定を行っています。

  1. [設定]を表示します。
    ・デスクトップモードの場合は、画面左下のをクリックし、をクリックします。
    ・タブレットモードの場合は、画面左上のをクリックします。
  2. [アカウント]をクリックします。
  3. [サインインオプション]をクリックし、「Windows Hello」欄の[セットアップ]をクリックします。
    ※「このデバイスではWindows Helloをご利用いただけません。」と表示されている場合は、
     ご利用の機種は非対応になります。(対応機種:CF-XZシリーズ)
  4. [開始する]をクリックします。
  5. 設定しているPINコードを入力します。
  6. カメラが起動します。画面の指示に従い、しばらくカメラをまっすぐ見続けます。
  7. 「すべて完了しました。」の画面が表示されたら[閉じる]をクリックします。
  8. Windows Helloが設定されました。
    ※次回起動時からサインインパスワードを入力せずに顔認証で自動サインインできます。

補足情報
■Windows Helloの精度を高める場合
 手順3.の画面で、「Windows Hello」の[認識制度を高める]をクリックします。
 ※屋内、屋外、めがね有、めがね無しなどで認識させておくことで、認証の精度が上がりセキュリティを強化
  させることができます。


■Windows Hello設定を削除する場合
 手順3.の画面で、「Windows Hello」の[削除]をクリックします。

ページトップへ戻る