Windows 10 Creators Update

無線LANアクセスポイントを手動で設定する

非公開のアクセスポイントや、その場にはないアクセスポイントなど、アクセスポイント一覧に表示されない場合の手動設定方法をご案内します。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリック、「長押し」がマウスの右クリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

無線LANアクセスポイントを手動で設定する方法

無線LANアクセスポイントを手動で設定する方法について説明します。
※ネットワークのアイコンがの場合は「無線LANをオンにする」で無線LANを有効にしてください。

  1. 画面右下にある(ネットワークアイコン)を右クリックし、[ネットワークと共有センターを開く]をクリックします。
  2. [新しい接続またはネットワークのセットアップ]をクリックします。
  3. [ワイヤレスネットワークに手動で接続します]をクリックし、[次へ]をクリックします。
  4. 「ネットワーク名」に、アクセスポイントのSSIDを入力します。
  5. 「セキュリティの種類」を選択します。
  6. アクセスポイントが指定する「セキュリティキー」(暗号化キー、共有キーとも呼ばれます)を入力します。
  7. [この接続を自動的に開始します]にチェックを入れると、電波が届く範囲にいれば自動的に接続されます。
    アクセスポイントが非公開(ステルス・隠匿とも呼ばれます)になっている場合は、[ネットワークがブロードキャストを行っていない場合でも接続する]にチェックを入れます。
  8. 全ての欄の入力が終わりましたら、[次へ]をクリックします。
  9. [閉じる]をクリックして設定完了です。
ページトップへ戻る