[Windows 10] Cortanaについて

ここでは、新機能のCortanaついて詳細にご説明します。

Cortana

大型アップデートの「November update」から利用できるようになった新しい検索機能「Cortana(コルタナ)」。
事前の設定が必要になりますが、「コルタナさん」と呼びかけるだけで検索の他にもスケジュール・リマインダーの確認など頼もしい音声対応パーソナルアシスタントとしてご利用いただけます。
Anniversary Updateからは、ローカルアカウントでもご利用いただけるようになりました。


Cortana画面 例

November updateの場合
Anniversary Updateの場合
項目 内容
メニューボタン クリックすると各アイコンの名前を表示します。
ホーム 情報表示とその詳細設定を行えます。
ノートブック November updateの場合
Cortanaの設定や興味のある情報の設定ができます。
Anniversary Updateの場合
ユーザー情報、リマインダー、Cortanaのヒント(ヘルプ)の確認や設定ができます。
リマインダー
  (November update)
予定などを登録すると、指定した時間に通知してくれます。
アクションセンターでも表示されます。
※Anniversary Updateの場合は「ノートブック」から設定します。
ヘルプ
  (November update)
Cortanaの操作方法や設定などの例を表示してくれます。
※Anniversary Updateの場合は「ノートブック」から確認できます。
フィードバック Cortanaを使用した感想をMicrosoft社に送信できます。
検索窓 タスクバーに検索窓が常時表示されているので、入力も素早く行えます。
検索/確認したい項目を入力します。
マイク クリックして検索/確認したい項目を直接Cortanaに話かけます。
※呼びかける設定を[オン]にしている場合は、クリックする必要がありません。
設定
  (Anniversary Update)
Cortanaの設定をすることができます。
※November updateのの場合は「ノートブック」から設定できます。

Windows Updateで改良されてきたCortanaですが、大型アップデートの「Anniversary Update」で機能が大きく拡大されました。 追加機能の一例をご案内します。

  Cortanaに追加された新しい機能
利用できるアカウント MSアカウントでのみ使用可能でしたが、ローカルアカウントでも使用可能に拡大。
ロック画面 ロック画面でも「コルタナさん」と呼びかけることで使用可。(設定が必要)
アクションセンター アクションセンターがCortanaの通知に対応。
アクションセンターでもリマインダーの確認可。
連携機能 スマートフォンなどの他のデバイスや、OneDrive、カレンダーなどのアプリとの連携を強化。
ページトップへ戻る