店頭販売(個人向け)モデル


ここでは、店頭販売(個人向け)モデルを修理に出すときのポイントをご紹介いたします。

修理前の確認

修理に出す前に、以下の確認をしておきましょう。

  1. レッツノートシリーズには、ハードウェアの自己診断機能※が搭載されています。
    修理に出す前に、ハードウェアの自己診断を実行して、どの部分に問題があるのかを確認しておきましょう。

    【参考情報】
    PC-Diagnosticユーティリティ起動手順を教えてください。
      [Windows 8]   http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/003355
      [Windows 7]   http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/002801
      [Windows Vista] http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/001842
      [Windows XP]  http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/001842

    ※ハードウェアの自己診断機能が搭載されている機種は、CF-*4シリーズ以降の機種になります。

修理に出す準備をする

修理に出す時は、以下の準備をしておきましょう。

  1. 本体保証書
    修理窓口にパソコン本体と共に、保証書と修理依頼表(付属チラシに必要事項を記入)をお出しください。

  2. 運転免許証など、本人確認ができるもの
    修理窓口にて本人確認を求められる場合がありますので、運転免許証など本人確認が出来るものを用意しておいてください。

  3. 販売店独自の保証サービスの契約書など(ある場合)
    パソコン販売店などが独自に行っている保証サービスに加入している場合は、その契約書類などを用意しておきましょう。

  4. Let'snote メーカー延長保証サービスパック購入済みの場合
    パソコン本体裏面に、サービスステッカーが貼られているかを確認してください。
    ステッカーが貼られていない場合は、ステッカーを貼り付けましょう。

  5. データのバックアップ
    パソコン本体が起動できる場合は、必要なデータのバックアップと、可能であればデータの消去を行っておいてください。
    (修理の内容によってはハードディスクを初期化する場合があります。その時、お客様が作成されたデータのバックアップは行えませんのでご了承ください)

修理に出す

修理受付は下記の方法がありますので、お客様のご都合にあったものをお選びください。

  1. ご購入した販売店を通じて修理依頼する
    店頭販売(個人向け)モデルでは、基本となる修理依頼方法です。
    販売店独自の延長保証サービスに加入している場合は、ご購入した販売店を通じて修理依頼を行ってください。

    なお、Let'snote メーカー延長保証サービスパックをご購入されたお客様は、下記記載の受付方法で修理依頼をお願いします。

  2. 当社修理ご相談窓口で修理依頼する
    下記の場合には、当社修理ご相談窓口で修理依頼を行なってください。
      ・ご購入いただいたお店がご不明な場合
      ・転居されたりご贈答品でお困りの場合
      ・Let'snote メーカー延長保証サービスパック購入済みの場合

      修理相談窓口
      http://askpc.panasonic.co.jp/r/adv/repair2.html

  3. 宅配修理サービス
    当社指定の宅配業者が専用梱包箱を持ってパソコン修理品の引き取りにお伺いし、修理が完了した後、直ちに宅配業者がお届けする、早くて便利な修理サ-ビスです。

      宅配修理サービス
      http://askpc.panasonic.co.jp/r/adv/delivery.html