ディスプレイヘルパー


レッツノートシリーズに搭載されている「ディスプレイヘルパー」について、ご紹介いたします。

何をするためのソフト?

外部ディスプレイを接続している場合、2画面の拡張デスクトップモードでのウィンドウ操作を ボタンのクリックで簡単に行うことができます。

 


どうやって使うの?

■事前準備
  1. 外部ディスプレイを接続します。
  2. コントロールパネルの[画面の解像度の調整]をクリックします。
  3. [複数のディスプレイ]で[表示画面を拡張する]に設定して、拡張デスクトップモードに変更します。
  4. 「C:\util\disphelp」フォルダー内の[setup] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックしてセットアップしてください。
  1. ディスプレイヘルパーを起動します。
  2. デスクトップ画面右下の通知領域の をクリックし、(ディスプレイヘルパー)を右クリックして、表示されるメニューから[設定]をクリックします。
  3. [デスクトップに表示]にチェックマークを付けます。
  4. 再び、デスクトップ画面右下の通知領域の をクリックし、(ディスプレイヘルパー)を右クリックして、表示されるメニューから[デスクトップに表示]をクリックします。
  5. ツールバーがデスクトップ画面に表示されます。
    ツールバーのボタンには、以下のような機能があります。
    ボタンをクリックして2画面でのウィンドウ操作をしてください。


    デスクトップ画面ツールバーの各機能は次のとおりです。(工場出荷時の状態)
    ツールバー 機 能
    ウィンドウを左に移動する
    ウィンドウを右に移動する
    2画面に1つのウィンドウを最大化する
    すべてのウィンドウを左に移動する
    すべてのウィンドウを右に移動する
    左右のウィンドウを入れ換える
    任意のウィンドウをもう一方のディスプレイにコピー表示する
    デスクトップ画面のツールバーに戻す