リカバリーディスク作成ユーティリティ


レッツノートシリーズに搭載されている「リカバリーディスク作成ユーティリティ」について、ご紹介いたします。

何をするためのソフト?

ハードディスクの内容をお買い上げ時の状態に戻すためのディスク(リカバリーディスク)を 作成することができます。

 


どうやって使うの?

  1. ACアダプターを接続し、管理者のユーザーアカウントでサインインします。
  2. 未使用のディスク、または、USBメモリーをセットします。
    ※CD/DVDドライブが搭載されていないモデルで、ディスクにリカバリーを作成する場合は、
      外付け光学ドライブを接続してください。
  3. リカバリーディスク作成ユーティリティを起動します。
    画面にディスク種類毎の必要枚数が表示されますのでディスクを準備して、[次へ]をクリックします。
  4. 使用するドライブ()、ディスクの種類()を選択し、作成するリカバリーディスク()に
    チェックマークがついていることを確認します。
    ※リカバリーディスク作成ユーティリティを初めて起動したときは、すべての項目にチェックマークを
      付けたままにしてください。

    使用する光学ドライブまたはUSB メモリーを選びます。
    ディスクにリカバリーする場合、使用するディスクの種類をクリックします。
    作成するリカバリーディスクの枚数またはUSB メモリーの必要容量が表示されます。
    現在の作成状況が表示されます。
  5. [次へ]をクリックします。
  6. 画面の指示に従って、すべてのリカバリーディスクを作成してください。
    ※ディスクにリカバリーする場合は、次のディスクのセットを促す画面が表示されたら
      未使用のディスクをセットしてください。