パナソニック・ホーム パソコンサポートトップ > 重要なお知らせ > パナソニックパソコン搭載 Synaptics社製タッチパッドドライバーに関するセキュリティ脆弱性について

ここからメインコンテンツです

2017年12月27日公開

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社
モバイルソリューションズ事業部

パナソニックパソコン搭載 Synaptics社製タッチパッドドライバーに
関するセキュリティ脆弱性について

平素は、パナソニックパソコンをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

Synaptics株式会社より、タッチパッドドライバーに関するセキュリティ脆弱性が公開されました。
下記に、当社の対応内容をご案内させていただきます。

なお、本掲載内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

■発生する問題の概要

詳細については、下記Synaptics社のページをご覧ください。


また当社では、下記の認識をしております。
・ パナソニックパソコン搭載のSynaptics製タッチパッドドライバーにはデバッグツールが内蔵されているが、これはキーロガーではない。
・ このデバッグツールは、出荷状態ではツールはオフされている。
この脆弱性を利用するには、管理者権限と、Synaptics社の特殊な開発ツールの両方が必要である。
・ 本件の脆弱性レベルは、CVSSで最大値10に対して2に相当するレベルである。

対象のパナソニックパソコン向けに、更新版ドライバーソフトウェアの用意と配布について、Synaptics社と現在検討中です。
このウィンドウを閉じる