Windows XP サポート終了のお知らせ

マイクロソフト社よる Windows XPのサポートは、2014年4月9日(日本時間)をもって終了いたしました。
それに伴い、マイクロソフト社からの重要な「セキュリティ更新プログラム(Windows XP用)」の提供も終了となります。
詳細につきましては、下記のマイクロソフト社のページをご参照ください。

現在、Windows XPをご使用のお客様は、セキュリティ保護の観点から、早々にパソコンの買い替え、またはOSのアップグレードのご検討をお願いいたします。
Windows XPのサポート終了に関する情報は、下記をご参照ください。

なお、下記に掲載しております「Windows XP サービスパック2 サポート情報」につきましては、今後も参考情報として引き続き掲載いたします。
 

 

Windows XP、2000サービスパック サポート、評価情報

  • 本ページでは、現在ご使用いただいておりますパナソニック PCにおいて、「Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載」を適用した場合の動作評価情報を提供します。
    ※ ここでは以降、Windows XP SP2と表記いたします。
2004年10月5日更新
  【動作確認対象機種】
Windows XP プリインストールモデル、および Windows XP サポート評価情報を掲載しているモデルを対象とします。
評価情報が整い次第、順次公開させていただきます。

お知らせ
本情報は、Winodws XP SP2の適用を推奨・保証するものではありません。
Windows XP SP2の導入に際しては、お客様ご自身のパソコンの動作環境の把握と、十分な情報収集・検討をしていただいた上でのご判断をお願い申し上げます。

Windows XP SP2の新しい機能や、動作環境については、以下のMicrosoft(株)のホームページをご覧ください。
 Windows XP Service Pack 2のページ
 http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/sp2/

 Windows XP Service Pack 2 リリースノート
 http://support.microsoft.com/?kbid=835935

Windows XP SP2のインストールにより、お客様ご利用の機器の環境破壊や、データ損失が発生しても、当社では補償いたしかねます。大切なデータは必ず事前にバックアップをお取りになってください。

更新前の状態は、当社工場出荷状態あるいはリカバリー直後の状態のものを対象としています。市販のアプリケーションソフトをインストール、あるいは、周辺機器を追加しての確認は行っていません。

周辺機器やお客様ご自身でご購入されたアプリケーションソフトのWindows XP SP2対応に関するご質問は、各開発元へお問い合わせ下さるよう、お願いいたします。

本情報につきましては、お電話でのご質問、およびBIOSやデバイスドライバー等の送付などにおいて、当社各ご相談窓口ではお受けいたしておりません。ホームページでの情報提供のみとさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

これらの情報は、予告なく変更する場合もありますのでご了承ください。

Windows XP SP2(サービスパック2)の導入にあたり、現在、下記の現象が確認されております。
必ずSP2導入前に内容をご確認ください。

▼【現象1】
Windows XP SP2 を導入すると、UPGRADE最終の再起動で、ブルースクリーンになり、セーフモードでしか起動しなくなったり音が鳴らないなどの状態になることがある。
▼【現象2】
WindowsXP SP2 を適用すると、Fn + F4 〜 F6 や音量調整ボタン(HotKey) でボリュームコントロール操作が動作しなくなることがある。
▼【現象3】
WindowsXP SP2 を適用した後、ネットセレクターV2.10L11アップデートプログラムをインストールできない。
▼【現象4】
Windows XP SP2 を導入すると、Fn + F3 の画面の表示先切り替えでブルースクリーンが発生することがある。
▼【現象5】
Windows XP SP2 を導入したPanasonic PCにリモートデスクトップで接続すると、接続先のPCのアプリケーションHotkey Appendixが異常終了する。
▼【現象6】
CF-A3Rにて、サウンドドライバーアップデート後にWindows XP SP2 を導入すると、音が鳴らなくなることがある。
▼【現象7】
Windows XP SP2 を導入すると、SDメモリーカードまたはマルチメディアカードを挿入したときブルースクリーンが発生することがある。
▼【現象8】
Windows XP SP2 を導入すると、内蔵 LAN が正常に動作しなくなったり、バッテリーでの駆動時間が短くなることがある。

【現象1】
Windows XP SP2 を導入すると、UPGRADE最終の再起動で、ブルースクリーンになり、セーフモードでしか起動しなくなったり音が鳴らないなどの状態になることがある。

【対象機種】
●Windows XPプリインストールモデル
 CF-R1R、CF-R1Pシリーズ
 CF-A3シリーズ

【対処方法】
Windows XP SP2 を導入しているか、導入していないかによって対処方法が違いますので、下記の手順にしたがって作業を行ってください。
また、既に Windows XP SP1 または SP1a を適用時にサウンドドライバーをアップデート済みの場合は下記の手順は必要ありません。

<Windows XP SP2 を未導入の場合>
(1) サウンドドライバーを下記に公開していますので、ダウンロードしてドライバーをアップデートしてください。

個人向けPCモデル
CF-R1、A3シリーズ サウンドドライバーアップデートプログラム

http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/000966
(2) その後にWindows XP SP2 を導入していただきますと、本現象は発生しません。

<Windows XP SP2 を導入済みの場合>

(1) サウンドドライバーを更新する前に、Windows XP SP2 を適用した場合は、下記の手順でサウンドドライバーをIntel Audio Codecに一時的に変更してください。
 【SigmaTel Audio Codec から Intel Audio Codec への変更手順】
(1) セーフモードで起動していない場合は、以下の手順でセーフモードで起動してください。
(a) [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] を選択する。
(b) msconfig と入力し、[OK] ボタンをクリックする。
(c) システム構成ユーティリティで [BOOT.INI] タブを選択し、[ブートオプション]の項目で [/SAFEBOOT] にチェックを入れ、[OK] ボタンをクリックする。
(d) システム構成ダイアログで [再起動] をクリックする。
(e) 再起動後、「 Windows は セーフモードで実行されています」確認ダイアログが表示されますので、「はい」をクリックします。
(2) [スタート]→[コントロールパネル]→[システム]→[ハードウェア]→[デバイスマネージャ]の順にクリックします。
(3) 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」をダブルクリックし、「Intel(r) AC'97 Audio Controller - Sigmatel Codec」をダブルクリックします。
(4) 「ドライバ」タブの「ドライバの更新」をクリックし、「いいえ、今回は接続しません」を選択して [次へ]をクリックします。
(5) 「一覧または特定の場所からインストールする」を選択して [次へ]をクリックします。
(6) 「検索しないでインストールするドライバを選択する」を選択して [次へ]をクリックします。
(7) 「Intel(r) AC'97 Audio Controller」を選択し [次へ]をクリックしてインストールします。
なお、インストール中は「お待ちください」の表示で時間がかかる場合がありますので、処理が完了するまでお待ちください。
インストールが終了したら、[完了]をクリックして[閉じる]をクリックします。
(8) 「今コンピュータを再起動しますか?」のメッセージが表示されますので、上記(1)の設定をしていない場合は[はい]をクリックし、再起動してください。上記(1)でセーフモードに入るように設定した場合は、[いいえ]をクリックし、以下の手順を実行して通常スタートアップするように設定してください。
(a) [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] を選択する。
(b) msconfig と入力し、[OK] ボタンをクリックする。
(c) システム構成ユーティリティで [全般] タブを選択し、[通常スタートアップ]選択し、[OK] ボタンをクリックする。
(d) システム構成ダイアログで [再起動] をクリックする。
(2) 上記作業が完了してWindows XPが起動しましたら、下記に公開しておりますサウンドドライバーをダウンロードしてドライバーをアップデートしてください。

個人向けPCモデル
CF-R1、A3シリーズ サウンドドライバーアップデートプログラム

http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/000966
一覧へ戻る



【現象2】
Windows XP SP2 を適用すると、Fn + F4 〜 F6や音量調整ボタン(HotKey) でボリュームコントロール操作が動作しなくなることがある。

【対象機種】
●Windows XPプリインストールモデル
 CF-R1Rシリーズ、CF-R1Pシリーズ
 CF-A3シリーズ
 CF-X10シリーズ

Windows98/Me、Windows2000からWindowsXPにアップグレード、またはクリーンインストールした場合も同様です。

【対処方法】
この現象が発生した場合は、下記の手順で、Hotkey Driverを再インストー ルしてください。
(1) [スタート]→[コントロールパネル]→[パフォーマンスとメンテナンス]→[システム]→[ハードウェア]→[デバイスマネージャ]の順にクリックします。
(2) [システムデバイス]をクリックし[HotKey Driver for Panasonic Notebook]をダブルクリックします。
(3) [ドライバ]タブをクリックし、[ドライバの更新]をクリックします。
(4) 「一覧または特定の場所からインストールする」を選択して[次へ]をクリックします。
(5) 「検索しないでインストールするドライバを選択する」を選択して[次へ]をクリックします。
(6) [次へ]→[完了]→[閉じる]をクリックして「再起動しますか?」で[はい]をクリックし再起動します。
一覧へ戻る



【現象3】
Windows XP SP2 を適用した後、ネットセレクターV2.10L11アップデートプログラムをインストールできない。

【対象機種】
CF-W2A、CF-W2Bシリーズ
CF-T2A、CF-T2Bシリーズ
CF-R2A、CF-R2Bシリーズ
CF-T1R、CF-T1Pシリーズ
CF-R1R、CF-R1P、CF-R1N、CF-R1Mシリーズ
CF-A3シリーズ

【対処方法】
Windows XP SP2に対応したネットセレクターV2.10L11アップデートプログラムを公開しました。
事前にダウンロードしたアップデートプログラムのファイル名が nselect_v2_1_11_00b.exe となっている場合は、お手数ですが下記URLよりダウンロードし直してください。

※Windows XP SP2対応版のファイル名は nselect_v2_1_11_00c.exe になります。

CF-W2A、W2B、T2A、T2B、R2A、R2B、T1P、R1Mシリーズ
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/000897

CF-T1R、R1Nシリーズ
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/000898

CF-R1R、R1P、A3シリーズ
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/000899
一覧へ戻る



【現象4】
Windows XP SP2 を導入すると、Fn + F3 の画面の表示先切り替えでブルースクリーンが発生することがある。

【対象機種】
●Windows XPプリインストールモデル
 CF-W2Aシリーズ
 CF-R2Aシリーズ
 CF-T2Aシリーズ

【対処方法】
下記URLに掲載されている、ビデオドライバーアップデートプログラムを適用してください。
アップデートは、SP2 を導入前でも、導入後でも可能ですが、導入後はブルースクリーンが発生する可能性がありますので、まだ SP2 を導入していない場合は 導入前にビデオドライバーをアップデートしておくことをおすすめします。

個人向けPCモデル
CF-W2A、R2A、T2Aシリーズ ビデオドライバーアップデートプログラム

http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/001034
一覧へ戻る



【現象5】
Windows XP SP2 を導入したPanasonic PCにリモートデスクトップで接続すると、接続先のPCのアプリケーションHotkey Appendixが異常終了する。

【対象機種】
●Windows XPプリインストールモデル
 CF-T1R、CF-T1Pシリーズ
 CF-T2A、T2B、T2C、T2Dシリーズ
 CF-R1N、CF-R1Mシリーズ
 CF-R2A、R2B、R2Cシリーズ
 CF-R3Dシリーズ
 CF-W2A、W2B、W2C、W2Dシリーズ
 CF-Y2C、Y2Dシリーズ

【対処方法】
対象機種(リモートコンピュータ)へリモートデスクトップ接続を行うときは、下記の設定で接続してください。

(1) 接続を行うコンピュータ(このコンピュータ)上で、[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[通信]→[リモートデスクトップ接続]の順にクリックします。
(2) 「ローカルリソース」タブをクリックし、「リモートコンピュータのサウンド」を「このコンピュータで聞く」から「再生しない」あるいは「リモートコンピュータで再生する」に設定し、「接続」をクリックしてください。

※「ローカルリソース」タブが表示されていない場合は、[オプション(O)]をクリックしてタブを表示させてください。
一覧へ戻る



【現象6】
CF-A3Rにて、サウンドドライバーアップデート後にWindows XP SP2 を導入すると、音が鳴らなくなることがある。

【対象機種】
●Windows XPプリインストールモデル
 CF-A3シリーズ

【対処方法】
この現象が発生した場合は、下記の手順で、サウンドドライバーを再認識させてください。

(1) USB ポートに USB 機器が接続されている場合は取り外します。
(2) [スタート]→[コントロールパネル]→[システム]→[ハードウェア]→[デバイスマネージャ]の順にクリックします。
(3) 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」の下の「SigmaTel C-Major Audio」が表示されていて黄色の!マークが付いていることを確認します。

※「SigmaTel C-Major Audio」に黄色の!マークが付いていない場合には下記の手順は必要ありません。
(4) 「SigmaTel C-Major Audio」を右クリックして削除を選択します。
(5) デバイスの削除の確認ダイアログが表示されますので、「OK」をクリックします。
(6) [スタート]→[終了オプション]から[再起動]をクリックして再起動します。
一覧へ戻る



【現象7】
Windows XP SP2 を導入すると、以下の現象が発生することがある。

[スタート]→[マイコンピュータ]に、[リムーバブルディスク(D:)]が表示されない。
SDメモリーカードまたはマルチメディアカードを挿入するとブルースクリーンが発生する。
ブルースクリーン発生後、SDメモリーカードまたはマルチメディアカードを取り外すとWindows ロゴ画面で停止する。

CF-R1シリーズ、CF-A3シリーズ、CF-X10シリーズの SD ドライバーを更新する前に、SP2 の適用を行うとブルースクリーンにならずに、SDメモリーカードまたはマルチメディアカードを認識しない現象になることがあります。
その場合も、同様に下記の手順(4)および(6)以降を実施してください。その場合、(6)の「Ricoh SD Bus Host Adapter」の存在する位置が異なる場合があります。
(D:)は、お客様のシステムのSDカードスロットに割り当てられているドライブ名によって変わります。
ここではSDカードスロットにDドライブが割り当てられているとして説明します。
本現象は、工場出荷状態あるいはリカバリー直後の状態からSP2のインストールを行った場合には、発生しないことを確認しています。
本現象が発生している場合には、【現象8】が発生している可能性が高くなります。あわせて【現象8】の対処法をご確認ください。(対象機種のみ)

【対象機種】
CF-R1シリーズ
CF-R2シリーズ
CF-R3Dシリーズ
CF-T1シリーズ
CF-T2A、CF-T2B、CF-T2C、CF-T2Dシリーズ
CF-W2A、CF-W2B、CF-W2C、CF-W2Dシリーズ
CF-Y2C、CF-Y2Dシリーズ
CF-A3シリーズ
CF-X10シリーズ

【対処方法】
この現象が発生した場合は、下記の手順で、SDのドライバーを再認識させてください。

(1) Windows ロゴ画面で停止している場合は、電源スイッチを4秒間以上スライド、あるいは押して、強制的に電源を切ってください。
(2) カードをSDカードスロットに挿入している場合は抜き、Windowsを再起動させます。
(3) 「ご迷惑をおかけしております。」画面が表示された場合は、「Windows を通常起動する」を選択します。
(4) [スタート]→[コントロールパネル]→[パフォーマンスとメンテナンス]→[システム]→[ハードウェア]→[デバイスマネージャ]の順にクリックします。
(5) 「ディスクドライブ」をダブルクリックし、「ディスクドライブ」の下に「SD 又は マルチメディアカード」が表示されていないことを確認します。

※「SD 又は マルチメディアカード」が表示されている場合には下記の手順は必要ありません。
※下記の手順は C:\util\drivers フォルダーが存在することを前提にしています。
 他のメディアなどに移動している場合は、工場出荷時の状態に戻してください。
(6) [デバイスマネージャ]の[システム デバイス]をダブルクリックし、「Ricoh SD Bus Host Adapter」を右クリックして[削除]を選択します。
(7) デバイスの削除の確認ダイアログが表示されますので、「OK」をクリックします。
(8) [操作]→[ハードウェア変更のスキャン]をクリックします。
新しいデバイスが認識され、ドライバーがインストールされます。
(9) 「今コンピュータを再起動しますか?」と表示されますので、「はい(Y)」をクリックします。
(10) 上記作業が完了してWindowsXPが起動しましたら、下記に該当するシリーズの場合、SDドライバーをアップデートしてください。

※ SP2適用前に既に更新済みの場合でも、上記の手順を行うと工場出荷状態のドライバーに戻っています。

個人向けPCモデル
CF-R1 / CF-A3 シリーズ用SDカードドライバーアップデート

http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/000968

CF-X10シリーズ用SDカードドライバーアップデート
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/000969
(11) 再起動後、[スタート]→[マイコンピュータ]をクリックし、[リムーバブルディスク(D:)]が表示されていことを確認してください。
一覧へ戻る



【現象8】
Windows XP SP2 を導入すると、内蔵 LAN が正常に動作しなくなったり、バッテリーでの駆動時間が短くなることがある。

本現象は、【現象7】が発生している場合には同時に発生する可能性が高くなります。(対象機種のみ)
本現象は、工場出荷状態で初期設定された状態からSP2のインストールを行った場合には、発生しないことを確認しています。

【対象機種】
CF-R1シリーズ
CF-R2シリーズ
CF-T1シリーズ
CF-T2A、CF-T2B、CF-T2C、CF-T2Dシリーズ
CF-W2A、CF-W2B、CF-W2C、CF-W2Dシリーズ
CF-Y2C、CF-Y2Dシリーズ
CF-A3シリーズ
CF-X10シリーズ

【対処方法】
この現象が発生した場合は、下記の手順で、内蔵LANのドライバーを再認識させてください。

下記の手順は C:\util\drivers フォルダーが存在することを前提にしています。
他のメディアなどに移動している場合は、工場出荷時の状態に戻してください。

(1) [スタート]→[コントロールパネル]→[パフォーマンスとメンテナンス]→[システム]→[ハードウェア]→[デバイスマネージャ]の順にクリックします。
(2) 「ネットワークアダプタ」をダブルクリックし、「ネットワークアダプタ」の下に「Realtek RTL8139/810X Family PCI Fast Ethernet NIC」をダブルクリックします。
(3) [ドライバ]タブをクリックして、[ドライバの詳細(D)]をクリックします。
(4) ファイルバージョンが 5.398.613.2003 になっていることを確認します。

※バージョンが異なっている場合には、下記の手順は必要ありません。
(5) [OK]をクリックして、[削除]を選択します。
(6) デバイスの削除の確認ダイアログが表示されますので、[OK]をクリックします。
(7) [操作]→[ハードウェア変更のスキャン]をクリックします。
新しいデバイスが認識され、ドライバーがインストールされます。
(8) [詳細設定]タブをクリックして、プロパティ(P) のリストの中の [Link Down Power Saving] を選択します。
(9) 値(V)が [Disable] になっているので [Enable] に変更し、[OK]をクリックします。
一覧へ戻る