アジアモデル パソコン 修理サービス

2012年09月12日:公開
2017年08月01日:更新
本ページでは、アジアモデル パソコンCF-SZ6、CF-SX4、およびCF-SX2の修理サービス(以下 「本サービス」といいます)に関する事項をご案内いたします。詳細説明は各機種で異なりますのでご注意ください。
 

利用規定

■SZ6シリーズアジアモデル

本利用規定(以下「本規定」といいます)はパナソニック株式会社、またはその子会社、または関連販売会社(以下総称して「当社」といいます)が、お客様がご購入されたパナソニック製アジアモデル パソコン(以下「商品」といいます)が故障した場合の修理サービス(以下「本サービス」といいます)を実施する際の条件等に関して定めたものです。
お客様は本サービスの利用に先立ち、本規定のすべてに同意しそれらを遵守することを条件として、本サービスを利用できるものとします。なお、本規定は随時変更することがあります。
本規定に変更の必要が生じた場合は、当社本Webページ ( http://askpc.panasonic.co.jp/s/eq/rules.html ) に変更内容を掲載することにより変更ができるものとし、当該掲載時点から効力を生じるものとします。

1.本サービスの対象商品について

 本サービスの対象商品は、下記のURLに記載しております。
  アジアモデル パソコン(CF-SZ6)一覧
     http://askpc.panasonic.co.jp/s/eq/products.html 

2.本サービスの提供対象国・地域について

 本サービスの提供対象国・地域は次のとおりです。
   日本、中国、台湾、香港、インド、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン
 

CF-SZ6RDP3TJ、CF-SZ6RDPRTJ、CF-SZ6RDM3TJ、CF-SZ6RDMRTJ、CF-SZ6RDP3TR、CF-SZ6RDPRTR、CF-SZ6RDM3TR、CF-SZ6RDMRTR以外のモデルは、中国でのメイン基板交換を伴う修理はできません。


3.修理のご相談窓口について

 お客様の修理相談窓口として、下記のとおり、国内・国際フリーダイヤルによる日本での日本語対応と、各対象国・地域ごとに現地語対応(一部英語対応可能)の2通りをご用意しております。
 1)国内・国際フリーダイヤルによる日本での日本語対応の修理相談窓口は、下記のURLに記載しております。
    http://askpc.panasonic.co.jp/s/eq/index.html
国、地域により、固定電話、携帯電話、公衆電話、ホテルの電話から利用できない場合や、別途通話料(市内通話相当分)がかかる場合があります。ローミング携帯からのご利用の場合は、滞在国内の通話料が携帯電話会社からお客様へ請求されます。
 2)各対象国・地域ごとの現地語対応(一部英語対応可能)の修理相談窓口は、下記のURLに記載しております。
    http://pc-dl.panasonic.co.jp/itn/eq/index.html

4.本サービスをお受けになる際の注意点

 1)商品の修理には出来るだけ速やかに対応致しますが、サービスセンターに部品の在庫がない場合には、時間がかかる場合もありますのでご了承下さい。
 2)海外のサービスセンターに商品の修理に必要な部品の在庫がなく、当該部品を発注しなければならない場合には、本サービスに遅延が生じても、サービスセンター、当社のいずれも責任を負いかねます。さらに、商品の修理に必要な部品の輸出あるいは輸入禁止措置、および/または、その他、修理が出来なくなるような規則または予見不能な状況により修理が不可能な場合には、サービスセンター、当社のいずれも本サービスについての責任を負いかねます。
 3)ACアダプターに接続して使用するACコードは、必ずご使用国に対応した当社純正コードをご購入いただきご利用ください。
  4) HDD、SSD内にデータが残っていた場合、輸送中、もしくは当社での修理のためにHDD、SSD内のデータが消えることがあります。日頃から定期的にHDD、SSD内のデータのバックアップをお取りいただきますとともに、修理に出される前には万一に備え、必要なデータのバックアップをお取りいただきますようお願いいたします。また、HDD、SSDデータの紛失、漏洩の完全防止のために、お客様ご自身でHDD、SSDデータを消去していただきますようお願いいたします。HDD、SSD内に保存されているデータをお客様が消去されなかった場合、また故障の状況により消去できない場合、HDD、SSD内に保存されているデータについて、修理時におけるHDD、SSD内のデータの変化、消失、または、運送中等による盗難、紛失などから生じるHDD、SSD内のデータの損失、漏洩、損害などが生じても、当社は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

5.無償保証修理について

 当社は、ご購入された本サービスの対象商品が対象国・地域で発生した製造時に起因する故障について、下記記載の条件に基づき、以下に記載の期間中、無償にて修理することを保証(以下「本保証」といいます)します。本サービスの対象商品には保証書が添付されています。保証書の再発行は行いませんので大切に保管ください。
無償保証期間内に修理をご依頼の際は、必ず保証書のお買い上げ情報に必要事項をご記入いただくとともに、無償保証期間内であることを証明する商品ご購入時の領収書をこの保証書とともに添付の上ご依頼ください。
 1)保証期間
商品本体を初めてご購入の日から 4年間、商品本体に付属のバッテリーパックは 1年間。
部品、工料、および引取修理を採用している国・地域での修理品送付に要する運送費は当社負担(日本でご使用の場合は、出張費も保証対象) となります。
引取修理対象国・地域は日本、韓国、台湾、インド、タイ、マレーシア、インドネシアです。
 2)本保証の適用範囲について
   2-1本保証は、対象国・地域内においてのみ有効です。対象国外・対象地域外は本保証の適用対象外です。
   2-2本保証は、お客様が商品の取扱説明書、商品本体貼付ラベルの注意書に従った通常の使用において発生したハードウェア障害について適用されるものであり、当社はソフトウエアを修理、または、交換する義務を負いません。
   2-3本保証の範囲は、当社規定の検査に合格した商品を最初に購入されたお客様ご本人のみに適用されるもので、お客様が商品を譲渡、転売された第三者には適用されません。
 3)本保証は、以下の場合は適用されません。
   3-1使用上の誤りまたは不当な修理や改造による故障・損傷
   3-2お買い上げ後の輸送、移動時の落下、衝撃等、お客様の取扱いが適正でないために生じた故障・損傷
   3-3火災、地震、水害、落雷、その他天災地変および公害、煙害、ガス害(硫化ガス等)、異常電圧、指定外の使用電源(電圧、周波数)等による故障・損傷
   3-4車両、船舶等に搭載された場合に生ずる故障・損傷
   3-5ソフトウエアのバグ、不具合による故障および消耗部品の交換
   3-6有寿命部品について
商品本体の部品は、使用しているうちに少しずつ劣化・磨耗します。また、一部の部品の劣化・磨耗が原因で、製品としての性能が十分に発揮されない場合があります。
商品を長く、安全に使用していただくためには、劣化・磨耗した部品を交換することが必要です。当社では、劣化・磨耗の進み方の違いによって、部品を有寿命部品に分類して扱っています。
有寿命部品備考
HDD(ハードディスクドライブ)
SSD(フラッシュメモリードライブ)
LCD(液晶ディスプレイ)
キーボード
ACアダプター
ファン
リチウム電池
スーパーマルチドライブ
DVD-ROMドライブ
バッテリーパック
有寿命部品とは修理による再生が出来ない場合(部品の寿命)に交換する部品です。
保証期間内の修理は無償ですが、部品の寿命による交換は、有償になる場合があります。
有寿命部品の交換の目安は、事務室で8時間/1日、250日/1年の使用で約5年です。ただし、昼夜連続して使用するなど、使用状態によっては保証期間内でも部品の寿命による交換が必要になる場合があります(有償になる場合があります)。
バッテリーパックは、バッテリー満充電容量が商品出荷時から50%未満になったときが交換の目安です。

6.有償修理の対応について

 上記の無償保証修理適用以外の故障の修理につきましては、有償修理とさせていただきます。
有償修理の際は、機器診断に基づき見積書を発行の上、お客様にご案内し、お客様より正式な修理依頼を受けた後、修理対応を行います。
 1)有償修理の場合下記の費用をお支払いいただきます。
部品代、修理技術料、運送料(該当する場合)、梱包材料代(該当する場合)、出張費(該当する場合)
 2)修理料金は、修理実施国・地域の現地通貨でのお支払いとなり、お支払い方法は修理を実施したサービスセンターが指定いたします。
 3)注意事項
   3-1修理キャンセルの場合は、機器診断料と運送料(該当する場合)、梱包材料代(該当する場合)、出張費(該当する場合)をお支払いいただきます。
   3-2原則として、お客様への見積書提示日(見積書発行日)より2週間を経過し、修理有無の返事がない場合、一旦、パソコンを返却のうえ、機器診断料と運送料(該当する場合)、梱包材料代(該当する場合)、出張費(該当する場合)をお支払いいただきます。
   3-3尚、当社の合理的な努力にも拘らずお客様とご連絡が取れない場合、当社にて3ヶ月保管後、機器を廃棄処分させていただきます。
   3-4修理キャンセル後、有償修理を申し込む場合は新規依頼とさせていただきます。

7.修理保証について

 本修理を行った後、同一症状、かつ、同一箇所の再修理が発生した場合は、修理完了日より3ヶ月以内または無償修理保証期間満了日のいずれか長い期限まで、無償で再修理をいたします。

8.交換部品の所有権とHDD、SSDの取扱いについて

 本サービスによる修理交換後の部品の所有権は、すべて当社に帰属するものとします。尚、修理交換後の部品(取り外した部品)は、修理もしくは再調整し、新品と同等に品質保証された部品として再利用することがあります。
交換後の故障HDD、SSD処理方法として、物理的にデータ復元が不可能なように対処しております。また、修理不可と判断した場合はデータの磁気破壊、または物理破壊を行い、情報の機密保持厳守に努めております。
但し、下記の情報については機密保持義務を負わないものといたします。
   
  • 知得した時に既に公知のもの又は既知の情報
  • 知得した後に当社の責によらず公知となった情報
  • 第三者から機密保持義務を負うことなく正当に入手した情報
  • お客様からの知得とは無関係に独自に開発した情報
  • 事前にお客様から機密保持の対象とならない旨の同意を得た情報

9.個人情報の取り扱いについて

 修理に際して、お客様からいただいた個人情報(ご氏名、ご住所などお客様本人を特定できる情報。以下「個人情報」といいます)は、 当社において、下記の 要領で利用させていただきます。
 1)個人情報の利用目的
   1-1パソコンの相談対応や保守修理サービスおよびその確認業務
   1-2品質に関する重要な情報のご提供
   1-3今後の商品開発の参考(この製品に関する御使用実態調査の送付を含む)
   1-4商品ならびにサービスに関する情報のご提供
 2)個人情報の第三者提供について
あらかじめお客様からご了解をいただいている場合および下記の場合を除き、当社以外の第三者に個人情報を提供・開示することはありません。
   2-1上記 1)の利用目的のために、協力会社に業務委託する場合
   2-2法令の規定に基づいて、司法、行政またはこれに類する機関から情報開示の要請を受けた場合
 3)個人情報の取り扱いの委託について
取得した個人情報の取り扱いの全部または、一部を上記 1)以外の目的で委託することはありません。
 4)開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について
ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(以下「開示等」といいます)に応じます。開示等に応ずる窓口は、以下の「個人情報に関するお問合せ先」をご覧ください。(個人情報を削除された場合、上記1)のサービスが受けられない場合があります。)
 5)個人情報をご提供いただくにあたっての注意事項
電子メールでのご連絡が取れないときに、お電話を差し上げる事があります。
ご提供がない場合はご連絡できないことがありますので、あらかじめご了承ください。
 6)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は、行っておりません。
 7)個人情報に関するお問合せ先
上記3項の「修理のご相談窓口について」記載の、修理依頼された「修理相談窓口」にお問合せください。

10.損害賠償について

 万一、本サービスに関連して当社の責に帰すべき事由により損害が発生した場合、当社の予見の有無にかかわらず、お客様またはその他第三者に生じた付随的、間接的、結果的損害に関して一切の責任を負うものではありません。また、本規定のもとで理由の如何を問わず当社がお客様またはその第三者に対して負担する責任の総額は、本サービスの対象となった商品の購入代金として、当社もしくは販売店がお客様から受領した合計額を上限とします。

11.紛争の解決

 本規定に定めのない事象および本規定に関して生じた疑義については、お客様および当社双方が誠意をもって協議しその解決にあたるものとします。

12.準拠法、合意管轄

 本規定は、日本法に準拠し解決されるものとします。本規定、本サービスの利用に関して紛争が生じた場合には、大阪地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所といたします。
制定 : 2017年 6月20日
 

ページの先頭へ

 

利用規定

■SX4シリーズアジアモデル

本利用規定(以下「本規定」といいます)はパナソニック株式会社、またはその子会社、または関連販売会社(以下総称して「当社」といいます)が、お客様がご購入されたパナソニック製アジアモデル パソコン(以下「商品」といいます)が故障した場合の修理サービス(以下「本サービス」といいます)を実施する際の条件等に関して定めたものです。
お客様は本サービスの利用に先立ち、本規定のすべてに同意しそれらを遵守することを条件として、本サービスを利用できるものとします。なお、本規定は随時変更することがあります。
本規定に変更の必要が生じた場合は、当社本Webページ ( http://askpc.panasonic.co.jp/s/eq/rules.html ) に変更内容を掲載することにより変更ができるものとし、当該掲載時点から効力を生じるものとします。

1.本サービスの対象商品について

 本サービスの対象商品は、下記のURLに記載しております。
  アジアモデル パソコン(CF-SX4)一覧
     http://askpc.panasonic.co.jp/s/eq/products.html 

2.本サービスの提供対象国・地域について

 本サービスの提供対象国・地域は次のとおりです。
   日本、中国、台湾、香港、インド、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン
 

CF-SX4EDR1TW、CF-SX4EDR5TW、CF-SX4EDR18W、CF-SX4EDR58W、CF-SX4EDR1MW、CF-SX4EDR5MW以外のモデルは、中国でのメイン基板交換を伴う修理はできません。


3.修理のご相談窓口について

 お客様の修理相談窓口として、下記のとおり、国内・国際フリーダイヤルによる日本での日本語対応と、各対象国・地域ごとに現地語対応(一部英語対応可能)の2通りをご用意しております。
 1)国内・国際フリーダイヤルによる日本での日本語対応の修理相談窓口は、下記のURLに記載しております。
    http://askpc.panasonic.co.jp/s/eq/index.html
国、地域により、固定電話、携帯電話、公衆電話、ホテルの電話から利用できない場合や、別途通話料(市内通話相当分)がかかる場合があります。ローミング携帯からのご利用の場合は、滞在国内の通話料が携帯電話会社からお客様へ請求されます。
 2)各対象国・地域ごとの現地語対応(一部英語対応可能)の修理相談窓口は、下記のURLに記載しております。
    http://pc-dl.panasonic.co.jp/itn/eq/index.html

4.本サービスをお受けになる際の注意点

 1)商品の修理には出来るだけ速やかに対応致しますが、サービスセンターに部品の在庫がない場合には、時間がかかる場合もありますのでご了承下さい。
 2)海外のサービスセンターに商品の修理に必要な部品の在庫がなく、当該部品を発注しなければならない場合には、本サービスに遅延が生じても、サービスセンター、当社のいずれも責任を負いかねます。さらに、商品の修理に必要な部品の輸出あるいは輸入禁止措置、および/または、その他、修理が出来なくなるような規則または予見不能な状況により修理が不可能な場合には、サービスセンター、当社のいずれも本サービスについての責任を負いかねます。
 3)ACアダプターに接続して使用するACコードは、必ずご使用国に対応した当社純正コードをご購入いただきご利用ください。
  4) HDD、SSD内にデータが残っていた場合、輸送中、もしくは当社での修理のためにHDD、SSD内のデータが消えることがあります。日頃から定期的にHDD、SSD内のデータのバックアップをお取りいただきますとともに、修理に出される前には万一に備え、必要なデータのバックアップをお取りいただきますようお願いいたします。また、HDD、SSDデータの紛失、漏洩の完全防止のために、お客様ご自身でHDD、SSDデータを消去していただきますようお願いいたします。HDD、SSD内に保存されているデータをお客様が消去されなかった場合、また故障の状況により消去できない場合、HDD、SSD内に保存されているデータについて、修理時におけるHDD、SSD内のデータの変化、消失、または、運送中等による盗難、紛失などから生じるHDD、SSD内のデータの損失、漏洩、損害などが生じても、当社は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

5.無償保証修理について

 当社は、ご購入された本サービスの対象商品が対象国・地域で発生した製造時に起因する故障について、下記記載の条件に基づき、以下に記載の期間中、無償にて修理することを保証(以下「本保証」といいます)します。本サービスの対象商品には保証書が添付されています。保証書の再発行は行いませんので大切に保管ください。
無償保証期間内に修理をご依頼の際は、必ず保証書のお買い上げ情報に必要事項をご記入いただくとともに、無償保証期間内であることを証明する商品ご購入時の領収書をこの保証書とともに添付の上ご依頼ください。
 1)保証期間
商品本体を初めてご購入の日から 4年間、商品本体に付属のバッテリーパックは 1年間。
部品、工料、および引取修理を採用している国・地域での修理品送付に要する運送費は当社負担(日本でご使用の場合は、出張費も保証対象) となります。
引取修理対象国・地域は日本、韓国、台湾、インド、タイ、マレーシア、インドネシアです。
 2)本保証の適用範囲について
   2-1本保証は、対象国・地域内においてのみ有効です。対象国外・対象地域外は本保証の適用対象外です。
   2-2本保証は、お客様が商品の取扱説明書、商品本体貼付ラベルの注意書に従った通常の使用において発生したハードウェア障害について適用されるものであり、当社はソフトウエアを修理、または、交換する義務を負いません。
   2-3本保証の範囲は、当社規定の検査に合格した商品を最初に購入されたお客様ご本人のみに適用されるもので、お客様が商品を譲渡、転売された第三者には適用されません。
 3)本保証は、以下の場合は適用されません。
   3-1使用上の誤りまたは不当な修理や改造による故障・損傷
   3-2お買い上げ後の輸送、移動時の落下、衝撃等、お客様の取扱いが適正でないために生じた故障・損傷
   3-3火災、地震、水害、落雷、その他天災地変および公害、煙害、ガス害(硫化ガス等)、異常電圧、指定外の使用電源(電圧、周波数)等による故障・損傷
   3-4車両、船舶等に搭載された場合に生ずる故障・損傷
   3-5ソフトウエアのバグ、不具合による故障および消耗部品の交換
   3-6有寿命部品について
商品本体の部品は、使用しているうちに少しずつ劣化・磨耗します。また、一部の部品の劣化・磨耗が原因で、製品としての性能が十分に発揮されない場合があります。
商品を長く、安全に使用していただくためには、劣化・磨耗した部品を交換することが必要です。当社では、劣化・磨耗の進み方の違いによって、部品を有寿命部品に分類して扱っています。
有寿命部品備考
HDD(ハードディスクドライブ)
SSD(フラッシュメモリードライブ)
LCD(液晶ディスプレイ)
キーボード
ACアダプター
ファン
リチウム電池
スーパーマルチドライブ
DVD-ROMドライブ
バッテリーパック
有寿命部品とは修理による再生が出来ない場合(部品の寿命)に交換する部品です。
保証期間内の修理は無償ですが、部品の寿命による交換は、有償になる場合があります。
有寿命部品の交換の目安は、事務室で8時間/1日、250日/1年の使用で約5年です。ただし、昼夜連続して使用するなど、使用状態によっては保証期間内でも部品の寿命による交換が必要になる場合があります(有償になる場合があります)。
バッテリーパックは、バッテリー満充電容量が商品出荷時から50%未満になったときが交換の目安です。

6.有償修理の対応について

 上記の無償保証修理適用以外の故障の修理につきましては、有償修理とさせていただきます。
有償修理の際は、機器診断に基づき見積書を発行の上、お客様にご案内し、お客様より正式な修理依頼を受けた後、修理対応を行います。
 1)有償修理の場合下記の費用をお支払いいただきます。
部品代、修理技術料、運送料(該当する場合)、梱包材料代(該当する場合)、出張費(該当する場合)
 2)修理料金は、修理実施国・地域の現地通貨でのお支払いとなり、お支払い方法は修理を実施したサービスセンターが指定いたします。
 3)注意事項
   3-1修理キャンセルの場合は、機器診断料と運送料(該当する場合)、梱包材料代(該当する場合)、出張費(該当する場合)をお支払いいただきます。
   3-2原則として、お客様への見積書提示日(見積書発行日)より2週間を経過し、修理有無の返事がない場合、一旦、パソコンを返却のうえ、機器診断料と運送料(該当する場合)、梱包材料代(該当する場合)、出張費(該当する場合)をお支払いいただきます。
   3-3尚、当社の合理的な努力にも拘らずお客様とご連絡が取れない場合、当社にて3ヶ月保管後、機器を廃棄処分させていただきます。
   3-4修理キャンセル後、有償修理を申し込む場合は新規依頼とさせていただきます。

7.修理保証について

 本修理を行った後、同一症状、かつ、同一箇所の再修理が発生した場合は、修理完了日より3ヶ月以内または無償修理保証期間満了日のいずれか長い期限まで、無償で再修理をいたします。

8.交換部品の所有権とHDD、SSDの取扱いについて

 本サービスによる修理交換後の部品の所有権は、すべて当社に帰属するものとします。尚、修理交換後の部品(取り外した部品)は、修理もしくは再調整し、新品と同等に品質保証された部品として再利用することがあります。
交換後の故障HDD、SSD処理方法として、物理的にデータ復元が不可能なように対処しております。また、修理不可と判断した場合はデータの磁気破壊、または物理破壊を行い、情報の機密保持厳守に努めております。
但し、下記の情報については機密保持義務を負わないものといたします。
   
  • 知得した時に既に公知のもの又は既知の情報
  • 知得した後に当社の責によらず公知となった情報
  • 第三者から機密保持義務を負うことなく正当に入手した情報
  • お客様からの知得とは無関係に独自に開発した情報
  • 事前にお客様から機密保持の対象とならない旨の同意を得た情報

9.個人情報の取り扱いについて

 修理に際して、お客様からいただいた個人情報(ご氏名、ご住所などお客様本人を特定できる情報。以下「個人情報」といいます)は、 当社において、下記の 要領で利用させていただきます。
 1)個人情報の利用目的
   1-1パソコンの相談対応や保守修理サービスおよびその確認業務
   1-2品質に関する重要な情報のご提供
   1-3今後の商品開発の参考(この製品に関する御使用実態調査の送付を含む)
   1-4商品ならびにサービスに関する情報のご提供
 2)個人情報の第三者提供について
あらかじめお客様からご了解をいただいている場合および下記の場合を除き、当社以外の第三者に個人情報を提供・開示することはありません。
   2-1上記 1)の利用目的のために、協力会社に業務委託する場合
   2-2法令の規定に基づいて、司法、行政またはこれに類する機関から情報開示の要請を受けた場合
 3)個人情報の取り扱いの委託について
取得した個人情報の取り扱いの全部または、一部を上記 1)以外の目的で委託することはありません。
 4)開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について
ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(以下「開示等」といいます)に応じます。開示等に応ずる窓口は、以下の「個人情報に関するお問合せ先」をご覧ください。(個人情報を削除された場合、上記1)のサービスが受けられない場合があります。)
 5)個人情報をご提供いただくにあたっての注意事項
電子メールでのご連絡が取れないときに、お電話を差し上げる事があります。
ご提供がない場合はご連絡できないことがありますので、あらかじめご了承ください。
 6)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は、行っておりません。
 7)個人情報に関するお問合せ先
上記3項の「修理のご相談窓口について」記載の、修理依頼された「修理相談窓口」にお問合せください。

10.損害賠償について

 万一、本サービスに関連して当社の責に帰すべき事由により損害が発生した場合、当社の予見の有無にかかわらず、お客様またはその他第三者に生じた付随的、間接的、結果的損害に関して一切の責任を負うものではありません。また、本規定のもとで理由の如何を問わず当社がお客様またはその第三者に対して負担する責任の総額は、本サービスの対象となった商品の購入代金として、当社もしくは販売店がお客様から受領した合計額を上限とします。

11.紛争の解決

 本規定に定めのない事象および本規定に関して生じた疑義については、お客様および当社双方が誠意をもって協議しその解決にあたるものとします。

12.準拠法、合意管轄

 本規定は、日本法に準拠し解決されるものとします。本規定、本サービスの利用に関して紛争が生じた場合には、大阪地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所といたします。
制定 : 2015年 6月22日
 

ページの先頭へ

 

利用規定

■SX2シリーズアジアモデル

本利用規定(以下「本規定」といいます)はパナソニック株式会社、またはその子会社、または関連販売会社(以下総称して「当社」といいます)が、お客様がご購入されたパナソニック製アジアモデル パソコン(以下「商品」といいます)が故障した場合の修理サービス(以下「本サービス」といいます)を実施する際の条件等に関して定めたものです。
お客様は本サービスの利用に先立ち、本規定のすべてに同意しそれらを遵守することを条件として、本サービスを利用できるものとします。なお、本規定は随時変更することがあります。
本規定に変更の必要が生じた場合は、当社本Webページ ( http://askpc.panasonic.co.jp/s/eq/rules.html ) に変更内容を掲載することにより変更ができるものとし、当該掲載時点から効力を生じるものとします。

1.本サービスの対象商品について

  本サービスの対象商品は、下記のURLに記載しております。
  アジアモデル パソコン(CF-SX2)一覧
     http://askpc.panasonic.co.jp/s/eq/products.html 

2.本サービスの提供対象国・地域について

 本サービスの提供対象国・地域は次のとおりです。
  日本、中国、韓国、台湾、香港、インド、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア

3.修理のご相談窓口について

 お客様の修理相談窓口として、下記のとおり、国内・国際フリーダイヤルによる日本での日本語対応と、各対象国・地域ごとに現地語対応(一部英語対応可能)の2通りをご用意しております。
 1)国内・国際フリーダイヤルによる日本での日本語対応の修理相談窓口は、下記のURLに記載しております。
    http://askpc.panasonic.co.jp/s/eq/ 
国、地域により、固定電話、携帯電話、公衆電話、ホテルの電話から利用できない場合や、別途通話料(市内通話相当分)がかかる場合があります。ローミング携帯からのご利用の場合は、滞在国内の通話料が携帯電話会社からお客様へ請求されます。
 2)各対象国・地域ごとの現地語対応(一部英語対応可能)の修理相談窓口は、下記のURLに記載しております。
    http://pc-dl.panasonic.co.jp/itn/eq/ 

4.本サービスをお受けになる際の注意点

 1)商品の修理には出来るだけ速やかに対応致しますが、サービスセンターに部品の在庫がない場合には、時間がかかる場合もありますのでご了承下さい。
 2)海外のサービスセンターに商品の修理に必要な部品の在庫がなく、当該部品を発注しなければならない場合には、本サービスに遅延が生じても、サービスセンター、当社のいずれも責任を負いかねます。さらに、商品の修理に必要な部品の輸出あるいは輸入禁止措置、および/または、その他、修理が出来なくなるような規則または予見不能な状況により修理が不可能な場合には、サービスセンター、当社のいずれも本サービスについての責任を負いかねます。
 3)ACアダプターに接続して使用するACコードは、必ずご使用国に対応した当社純正コードをご購入いただきご利用ください。
 4)HDD、SSD内にデータが残っていた場合、輸送中、もしくは当社での修理のためにHDD、SSD内のデータが消えることがあります。日頃から定期的にHDD、SSD内のデータのバックアップをお取りいただきますとともに、修理に出される前には万一に備え、必要なデータのバックアップをお取りいただきますようお願いいたします。また、HDD、SSDデータの紛失、漏洩の完全防止のために、お客様ご自身でHDD、SSDデータを消去していただきますようお願いいたします。HDD、SSD内に保存されているデータをお客様が消去されなかった場合、また故障の状況により消去できない場合、HDD、SSD内に保存されているデータについて、修理時におけるHDD、SSD内のデータの変化、消失、または、運送中等による盗難、紛失などから生じるHDD、SSD内のデータの損失、漏洩、損害などが生じても、当社は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

5.無償保証修理について

 当社は、ご購入された本サービスの対象商品が対象国・地域で発生した製造時に起因する故障について、下記記載の条件に基づき、以下に記載の期間中、無償にて修理することを保証(以下「本保証」といいます)します。本サービスの対象商品には保証書が添付されています。保証書の再発行は行いませんので大切に保管ください。
無償保証期間内に修理をご依頼の際は、必ず保証書のお買い上げ情報に必要事項をご記入いただくとともに、無償保証期間内であることを証明する商品ご購入時の領収書をこの保証書とともに添付の上ご依頼ください。
 1)保証期間
商品本体を初めてご購入の日から 4年間、商品本体に付属のバッテリーパックは 1年間。
部品、工料、および引取修理を採用している国・地域での修理品送付に要する運送費は当社負担(日本でご使用の場合は、出張費も保証対象) となります。
引取修理対象国・地域は日本、韓国、台湾、インド、タイ、マレーシア、インドネシアです。
 2)本保証の適用範囲について
   2-1本保証は、対象国・地域内においてのみ有効です。対象国外・対象地域外は本保証の適用対象外です。
   2-2本保証は、お客様が商品の取扱説明書、商品本体貼付ラベルの注意書に従った通常の使用において発生したハードウェア障害について適用されるものであり、当社はソフトウエアを修理、または、交換する義務を負いません。
   2-3本保証の範囲は、当社規定の検査に合格した商品を最初に購入されたお客様ご本人のみに適用されるもので、お客様が商品を譲渡、転売された第三者には適用されません。
 3)本保証は、以下の場合は適用されません。
   3-1使用上の誤りまたは不当な修理や改造による故障・損傷
   3-2お買い上げ後の輸送、移動時の落下、衝撃等、お客様の取扱いが適正でないために生じた故障・損傷
   3-3火災、地震、水害、落雷、その他天災地変および公害、煙害、ガス害(硫化ガス等)、異常電圧、指定外の使用電源(電圧、周波数)等による故障・損傷
   3-4車両、船舶等に搭載された場合に生ずる故障・損傷
   3-5ソフトウエアのバグ、不具合による故障および消耗部品の交換
   3-6有寿命部品について
商品本体の部品は、使用しているうちに少しずつ劣化・磨耗します。また、一部の部品の劣化・磨耗が原因で、製品としての性能が十分に発揮されない場合があります。
商品を長く、安全に使用していただくためには、劣化・磨耗した部品を交換することが必要です。当社では、劣化・磨耗の進み方の違いによって、部品を有寿命部品に分類して扱っています。
有寿命部品備考
HDD(ハードディスクドライブ)
SSD(フラッシュメモリードライブ)
LCD(液晶ディスプレイ)
キーボード
ACアダプター
ファン
リチウム電池
スーパーマルチドライブ
DVD-ROMドライブ
バッテリーパック
有寿命部品とは修理による再生が出来ない場合(部品の寿命)に交換する部品です。
保証期間内の修理は無償ですが、部品の寿命による交換は、有償になる場合があります。
有寿命部品の交換の目安は、事務室で8時間/1日、250日/1年の使用で約5年です。ただし、昼夜連続して使用するなど、使用状態によっては保証期間内でも部品の寿命による交換が必要になる場合があります(有償になる場合があります)。
バッテリーパックは、バッテリー満充電容量が商品出荷時から50%未満になったときが交換の目安です。

6.有償修理の対応について

 上記の無償保証修理適用以外の故障の修理につきましては、有償修理とさせていただきます。
有償修理の際は、機器診断に基づき見積書を発行の上、お客様にご案内し、お客様より正式な修理依頼を受けた後、修理対応を行います。
 1)有償修理の場合下記の費用をお支払いいただきます。
部品代、修理技術料、運送料(該当する場合)、梱包材料代(該当する場合)、出張費(該当する場合)
 2)修理料金は、修理実施国・地域の現地通貨でのお支払いとなり、お支払い方法は修理を実施したサービスセンターが指定いたします。
 3)注意事項
   3-1修理キャンセルの場合は、機器診断料と運送料(該当する場合)、梱包材料代(該当する場合)、出張費(該当する場合)をお支払いいただきます。
   3-2原則として、お客様への見積書提示日(見積書発行日)より2週間を経過し、修理有無の返事がない場合、一旦、パソコンを返却のうえ、機器診断料と運送料(該当する場合)、梱包材料代(該当する場合)、出張費(該当する場合)をお支払いいただきます。
   3-3尚、当社の合理的な努力にも拘らずお客様とご連絡が取れない場合、当社にて3ヶ月保管後、機器を廃棄処分させていただきます。
   3-4修理キャンセル後、有償修理を申し込む場合は新規依頼とさせていただきます。

7.修理保証について

 本修理を行った後、同一症状、かつ、同一箇所の再修理が発生した場合は、修理完了日より3ヶ月以内または無償修理保証期間満了日のいずれか長い期限まで、無償で再修理をいたします。

8.交換部品の所有権とHDD、SSDの取扱いについて

 本サービスによる修理交換後の部品の所有権は、すべて当社に帰属するものとします。尚、修理交換後の部品(取り外した部品)は、修理もしくは再調整し、新品と同等に品質保証された部品として再利用することがあります。
交換後の故障HDD、SSD処理方法として、物理的にデータ復元が不可能なように対処しております。また、修理不可と判断した場合はデータの磁気破壊、または物理破壊を行い、情報の機密保持厳守に努めております。
但し、下記の情報については機密保持義務を負わないものといたします。
   
  • 知得した時に既に公知のもの又は既知の情報
  • 知得した後に当社の責によらず公知となった情報
  • 第三者から機密保持義務を負うことなく正当に入手した情報
  • お客様からの知得とは無関係に独自に開発した情報
  • 事前にお客様から機密保持の対象とならない旨の同意を得た情報

9.個人情報の取り扱いについて

 修理に際して、お客様からいただいた個人情報(ご氏名、ご住所などお客様本人を特定できる情報。以下「個人情報」といいます)は、 当社において、下記の 要領で利用させていただきます。
 1)個人情報の利用目的
   1-1パソコンの相談対応や保守修理サービスおよびその確認業務
   1-2品質に関する重要な情報のご提供
   1-3今後の商品開発の参考(この製品に関する御使用実態調査の送付を含む)
   1-4商品ならびにサービスに関する情報のご提供
 2)個人情報の第三者提供について
あらかじめお客様からご了解をいただいている場合および下記の場合を除き、当社以外の第三者に個人情報を提供・開示することはありません。
   2-1上記 1)の利用目的のために、協力会社に業務委託する場合
   2-2法令の規定に基づいて、司法、行政またはこれに類する機関から情報開示の要請を受けた場合
 3)個人情報の取り扱いの委託について
取得した個人情報の取り扱いの全部または、一部を上記 1)以外の目的で委託することはありません。
 4)開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について
ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(以下「開示等」といいます)に応じます。開示等に応ずる窓口は、以下の「個人情報に関するお問合せ先」をご覧ください。(個人情報を削除された場合、上記1)のサービスが受けられない場合があります。)
 5)個人情報をご提供いただくにあたっての注意事項
電子メールでのご連絡が取れないときに、お電話を差し上げる事があります。
ご提供がない場合はご連絡できないことがありますので、あらかじめご了承ください。
 6)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は、行っておりません。
 7)個人情報に関するお問合せ先
上記3項の「修理のご相談窓口について」記載の、修理依頼された「修理相談窓口」にお問合せください。

10.損害賠償について

 万一、本サービスに関連して当社の責に帰すべき事由により損害が発生した場合、当社の予見の有無にかかわらず、お客様またはその他第三者に生じた付随的、間接的、結果的損害に関して一切の責任を負うものではありません。また、本規定のもとで理由の如何を問わず当社がお客様またはその第三者に対して負担する責任の総額は、本サービスの対象となった商品の購入代金として、当社もしくは販売店がお客様から受領した合計額を上限とします。

11.紛争の解決

 本規定に定めのない事象および本規定に関して生じた疑義については、お客様および当社双方が誠意をもって協議しその解決にあたるものとします。

12.準拠法、合意管轄

 本規定は、日本法に準拠し解決されるものとします。本規定、本サービスの利用に関して紛争が生じた場合には、大阪地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所といたします。
制定 : 2012年 9月12日
改定 : 2013年 2月13日
 

ページの先頭へ