パナソニック・ホーム パソコンサポートトップ > セキュリティ情報 > CPUに対する Side Channel Analysis に関する脆弱性について

ここからメインコンテンツです

2018年01月05日公開
2018年01月12日更新

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社
モバイルソリューションズ事業部

CPUに対する Side Channel Analysis に関する脆弱性について

平素は、パナソニックパソコンをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

マイクロソフト社およびインテル株式会社より、Side Channel Analysis に関する脆弱性が公開されました。
下記に、当社の対応内容をご案内させていただきます。

なお、本掲載内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

■発生する問題の概要

詳細については、下記マイクロソフト社並びにインテル株式会社のページをご覧ください。

・マイクロソフト社サイト

・インテル株式会社サイト

上記サイトによると、3つの脆弱性があることが報告されています。
・ CVE-2017-5753 - Bounds check bypass
・ CVE-2017-5715 - Branch target injection
・ CVE-2017-5754 - Rogue data cache load

CVE-2017-5715の緩和に必要とされるファームウェアに関して、該当する当社製品の範囲とファームウェア公開予定時期は現在確認中です。
このウィンドウを閉じる