パナソニック・ホーム パソコンサポートトップ > セキュリティ情報 > インテル LAN (I218) ソフトウェアに関する脆弱性(INTEL-SA-00253)について

ここからメインコンテンツです

2019年12月13日公開

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社
モバイルソリューションズ事業部

インテル® LAN (I218) ソフトウェアに関する
脆弱性(INTEL-SA-00253)について

平素は、パナソニックパソコンをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

インテル株式会社より、インテル® LAN (I218) ソフトウェアに関する脆弱性情報(INTEL-SA-00253)が公開されました。
下記に、当社の対応内容をご案内させていただきます。

なお、本掲載内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

■発生する問題の概要

詳細については、下記インテル株式会社のページをご覧ください。

■対応内容

当社では、下記の機種について、本脆弱性問題に対応した LAN ドライバーの公開を順次予定しております。

対象機種 対象OS 対応ドライバー 最終更新日
レッツノート CF-RZ4シリーズ
CF-MX4シリーズ
CF-SX4シリーズ
CF-NX4シリーズ
CF-LX4シリーズ
Windows 10 確認中  
CF-AX3シリーズ
CF-MX3シリーズ
※CF-MX3HDXBPは除く
CF-SX3シリーズ
CF-NX3シリーズ
CF-LX3シリーズ
Windows 10 確認中  
レッツノート
アジアモデル
CF-SX4Eシリーズ Windows 10 確認中  
タフブック
タフパッド
タフパッド 4K
CF-314シリーズ
FZ-G1Lシリーズ
FZ-Y1Cシリーズ
FZ-Y1Dシリーズ
Windows 10 確認中  
CF-C2Cシリーズ
FZ-G1Fシリーズ
Windows 10 確認中  
このウィンドウを閉じる