パナソニック・ホーム パソコンサポートトップ > セキュリティ情報 > STマイクロエレクトロニクス社製TPM(Trusted Platform Module)のセキュリティ脆弱性について

ここからメインコンテンツです

2020年01月07日公開

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社
モバイルソリューションズ事業部

STマイクロエレクトロニクス社製TPM(Trusted Platform Module)の
セキュリティ脆弱性について

平素は、パナソニックパソコンをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

当社製品に搭載しているSTマイクロエレクトロニクス社製TPM(Trusted Platform Module)チップのファームウェアについて、セキュリティ脆弱性(CVE-2019-16863)に関する情報が発信されました。
下記に、当社の対応内容をご案内させていただきます。

なお、本掲載内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

■発生する問題の概要

詳細については、下記のサイトをご覧ください。

■対応内容

現在、本件が該当する下記機種の対応について検討中です。
対応が決まり次第、本ページにてお知らせいたします。

対象機種 対象OS 対応 最終更新日
レッツノート CF-QV8シリーズ
CF-SV8シリーズ
CF-LV8シリーズ
Windows 10 確認中  
CF-SV7シリーズ
CF-LV7シリーズ
Windows 10 確認中  
レッツノート
アジアモデル
CF-SV8Rシリーズ
※CF-SV8RDE8TW、CF-SV8RDE9TWは除く
Windows 10 確認中  
タフパッド FZ-M1Jシリーズ
FZ-G1Wシリーズ
Windows 10 確認中  
このウィンドウを閉じる