[Windows 10] タッチパネルでの基本的な操作方法

タッチパネル搭載のパソコンでは、指を使った直感的な操作をすることができます。

タッチパネルでの基本的な操作と名称

タッチパネルでの主な操作と名称を下記にご案内します。

タップ
対象に軽く触れる動作です。(マウスの左クリックに相当する動作です。)
最も基本となるタッチ操作です。
ダブルタップ
対象をすばやく2回触れる動作です。(マウスのダブルクリックに相当する動作です。)
マウス操作を前提としたデスクトップアプリで使用する場面があります。
長押し
対象を1〜2秒押し続けてから離す動作です。(マウスの右クリックに相当する動作です。)
マウス操作を前提としたデスクトップアプリで使用する場面があります。
スクロール
指を横方向あるいは縦方向に滑らせて、画面をスライドさせる動作です。
画面の端で行うとスワイプになったり、タイルやボタン類を滑らせるとドラッグになったりすることがありますので、何もない所に触れて滑らすのがコツです。
ドラッグ
指を対象に触れたまま、いずれかの方向に移動させる動作です。
素早く動かしたり、すぐに離したりするとスワイプになることがありますので、ゆっくり落ち着いて動かすのがコツです。
画面端からのスワイプ
指を対象に触れたまま、いずれかの方向に移動させる動作です。
素早く動かしたり、すぐに離したりするとスワイプになることがありますので、ゆっくり落ち着いて動かすのがコツです。
項目のスワイプ
ページがスクロールしない方向に項目を短くスライドさせます。
タイルの選択(スタート画面)、写真の選択(フォトなど)、メールの選択(メール)などで使用できます。
ゆっくり長く動かすとドラッグになることがありますので、すばやく短く動かすのがコツです。
ピンチ
2本以上の指で、画面または項目をタッチし、指を互いに近づけたり引き伸ばしたりする動作です。
Internet Explorerや地図アプリで表示の拡大・縮小を行うといった用途があります。
回転
2本以上の指を項目の上に置いて回転させる動作です。