[Windows 10] タッチキーボードを表示する

タッチキーボードを表示させる方法をご案内します。
また、Windows 10ではタッチキーボードのほか、従来の「スクリーンキーボード」機能も搭載しています。

【補足情報】
タッチパネル搭載モデルをタブレットスタイルでお使いの場合は、文字入力欄をタップすると自動的にタッチキーボードが起動します。
※スクリーンキーボードを有効にしている場合は、タッチキーボードが表示されません。

※手順内のリンクをクリックすると、用語の説明が表示されます。

1.タッチキーボードを表示させる場合

タッチキーボードを表示させる方法を説明します。

  1. タスクバーの任意の場所を長押しします。
    デスクトップモードの場合
    タブレットモードの場合
  2. [タッチキーボードのボタンの表示]をタップします。
    デスクトップモードの場合
    タブレットモードの場合
  3. タスクバーにタッチキーボードのアイコンが表示されます。
  4. タッチキーボードのアイコンをタップすると、タッチキーボードが表示されます。
ページトップへ戻る

2.スクリーンキーボードを表示させる場合

スクリーンキーボードを表示させる方法を説明します。

  1. [設定]を表示します。
    ・デスクトップモードの場合は、画面左下のタップし、タップします。
    ・タブレットモードの場合は、画面左上のタップし、タップします。
  2. [簡単操作]をタップしします。
  3. [キーボード]をタップし、「スクリーンキーボードを有効にする」を[オン]にします。
  4. スクリーンキーボードが起動し、タスクバーにアイコンが表示されます。
    ※タブレットモードでアイコンが表示されない場合、タスクバーを右クリックし、
      [アプリのアイコンを表示]を選択してください。

【補足情報】
■スクリーンキーボードを右上の[×]で終了した場合
  再度表示するには、上記の手順1.から設定をする必要があります。
  (常時使用する場合は最小化ボタン[−]をご使用ください。)

■スクリーンキーボードを有効化の状態のままでは、タッチキーボードは表示されません。
  タッチキーボードを使用する場合は、スクリーンキーボードを[×]で終了してください。

ページトップへ戻る