[Windows 10] アクセントカラーの色を変更する

さまざまな場所で使用されるアクセントカラーの色を変更する手順をご案内します。
決められるアクセントカラーは1色のみとなり、モードや画面によって設定変更などはできません。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリック、「長押し」がマウスの右クリックと同じ操作になります。
  (タッチパネル搭載モデルのみ)

アクセントカラーの色を変更する方法

アクセントカラーの色を変更する方法を説明します。

  1. [パーソナル設定]を表示します。
    ・デスクトップモードの場合は、画面の背景部分を右クリックし、[個人設定]をクリックします。
    ・タブレットモードの場合は、画面左上のをクリックし、をクリックして、[パーソナル設定]を
     クリックします。
  2. [色]をクリックし、「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」を「オフ」にします。
  3. アクセントカラーの色を設定します。
    [1] 背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ
    オンにすると背景から自動的にアクセントカラーが設定されます。
    ※初期設定では「オフ」になっています。
    [2] アクセントカラーを選ぶ
    背景から自動的にアクセントカラーを選ぶが「オフ」に設定している場合のみ、49色のなかから選択することができます。
    選択中のカラーには「青い枠」が付きます。
    [3] スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける
    タブレットモードのタスクバーは変更できません。
    ※初期設定では「オフ」になっています。
    ※[2][3]のカラーは個別に設定できません。
    [4] スタート、タスクバー、アクションセンターを透明にする
    オフにするとタブレットモードの背景は単色になり、設定している画像は表示されません。
    ※初期設定では「オン」になっています。


【補足情報】
例:[3] スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける 「オン」の時

デスクトップモード
タブレットモード


例:[4] スタート、タスクバー、アクションセンターを透明にする 「オフ」の時

デスクトップモード
タブレットモード
ページトップへ戻る