[Windows 10] Windows ストアアプリメール初回起動時の設定

Windows 10のサインインは、ローカルアカウント(ユーザー名やパスワードなどの識別情報)を使ったサインイン方法と、Microsoftアカウントを使ったサインインの方法があります。
サインインしているアカウントによって、メール初回起動時の手順が異なります。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

1.HotmailアドレスをMicrosoftアカウントとして登録し、サインインしている場合

HotmailアドレスをMicrosoftアカウントとして登録し、サインインしている場合は、メールの設定は不要です。
下記の手順でメールを起動してください。

  1. 画面左下の(スタートボタン)をクリックし、タイルメニューの[メール]をクリックします。
  2. すでにHotmailの設定が終わっており、すぐに使える状態になっています。
ページトップへ戻る

2.Hotmail以外のアドレスをMicrosoftアカウントとして登録し、サインインしている場合

Hotmail以外のアドレスをMicrosoftアカウントとして登録し、サインインしている場合、メールの設定は不要です。
下記の手順でメールを起動してください。

  1. 画面左下の(スタートボタン)をクリックし、タイルメニューの[メール]をクリックします。
  2. 【すでにHotmailかOutlookメールあるいはGoogleメールをお持ちの場合】
    画面左下の(設定)をクリックして、[アカウント]を登録するとメールが利用できるようになります。


    【他のメールを設定する場合】
    詳しくは「メールアカウントを追加する」をご覧ください。
ページトップへ戻る

3.Microsoftアカウントを登録せず、ローカルアカウントでサインインしている場合

Microsoftアカウントを登録せず、ローカルアカウントでサインインしている場合は、Microsoftアカウントの作成、およびメールの設定が必要です。
下記の手順で設定してください。

  1. 画面左下の(スタートボタン)をクリックし、タイルメニューの[メール]をクリックします。
  2. [使ってみる]をクリックします。
  3. [+ アカウントの追加]をクリックします。
  4. 使用するアカウントを選択します。
    ここでは「Outlook.com」を選択します。
  5. 「Microsoftアカウント」と「パスワード」を入力し、[サインイン]をクリックします。
    ※アカウントをお持ちではないときは「作成しましょう!」から、アカウントを作成します。
      画面に表示された内容に従って、アカウントを作成してください。
  6. 本人確認の「Windowsパスワード」を入力し、[次へ]をクリックします。
  7. [完了]をクリックします。
ページトップへ戻る