[Windows 10] 設定を変更する

メール設定の変更手順についてご案内します。
アカウントの種類により設定項目が異なります。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

1.設定を変更する方法

設定を変更する方法を説明します。

  1. (設定)をクリックし、[アカウント]をクリックします。
  2. 変更したいアカウントをクリックします。
    画面例では3種類のアカウントが表示されていますが、実際にお使いのアカウントの数が表示されます。
  3. 各アカウントの設定変更を行ないます。
    ※設定項目については、下記の「2.各アカウントの設定項目」をご覧ください。
  4. 設定の変更後、[完了]をクリックします。
  5. [保存]をクリックします。
ページトップへ戻る

2.各アカウントの設定項目

各アカウントを設定項目を説明します。

【Hotmailアカウントの設定項目】
「1.設定を変更する方法」手順3.の画面で、[メールボックスの同期設定を変更]をクリックします。

[1] [使用状況に応じて(初期値)/ 15分ごと / 30分ごと / 1時間ごと / 毎日]から選択します。
[2] [過去3日間 / 過去7日間 / 過去2週間 / 過去1ヵ月(初期値) / すべて]から選択します。
[3] Hotmailの設定が自動的に入っています。(変更不要)
[4] Windowsストアアプリのメール・カレンダー・people(アドレス帳)の各アプリをHotmailとの同期(反映)のオン・オフを選択できます。



【Googleメール(Gmailアカウント)の場合】
「1.設定を変更する方法」手順3.の画面で、[メールボックスの同期設定を変更]をクリックします。

[1] [使用状況に応じて(初期値)/ 15分ごと / 30分ごと / 1時間ごと / 2時間ごと / 手動]から選択します。
[2] [15分ごと / 30分ごと / 1時間ごと / 2時間ごと(初期値) / 手動]から選択します。
[3] [過去7日間 / 過去2週間 / 過去1か月間 / 過去3か月間(初期値) / すべて]から選択します。
[4] この内容が、メールの差出人名になります。
[5] Windowsストアアプリのメール・カレンダー・people(アドレス帳)の各アプリをHotmailとの同期(反映)のオン・オフを選択できます。
[6] Gmailの設定が自動的に入っています。(変更不要)
[7] Gmailの設定が自動的に入っています。(変更不要)
[8] Gmailの設定が自動的に入っています。(変更不要)
[9] Gmailの設定が自動的に入っています。(変更不要)


ページトップへ戻る

3.オプションの設定項目

オプションの設定項目を説明します。

【Hotmailアカウントの設定項目】
(設定)をクリックし、[オプション]をクリックします。

[1] 設定したいアカウントを選択します。
[2] 「オン」に設定することで、[3]、[4]のスワイプ設定が行えます。
[3] [フラグの設定/フラグのクリア、既読/未読にする、アーカイブ、削除、移動]から選択します。
[4] [フラグの設定/フラグのクリア、既読/未読にする、アーカイブ、削除、移動]から選択します。
[5] 「オン」の場合は、メール作成時に自動的に署名が入ります。
下のテキスト欄「Windows 10 版のメールから送信」を編集できます。
[6] 「オン」の場合は、下記の項目で設定するメッセージが適用されます。
※初期設定では「オフ」になっています。
[7] アクションセンターでの通知可否を設定します。



【Googleメール(Gmailアカウント)の場合】
(設定)をクリックし、[オプション]をクリックします。

[1] 設定したいアカウントを選択します。
[2] 「オン」に設定することで、[3]、[4]のスワイプ設定が行えます。
[3] [フラグの設定/フラグのクリア、既読/未読にする、アーカイブ、削除、移動]から選択します。
[4] [フラグの設定/フラグのクリア、既読/未読にする、アーカイブ、削除、移動]から選択します。
[5] 「オン」の場合は、メール作成時に自動的に署名が入ります。
下のテキスト欄「Windows 10 版のメールから送信」を編集できます。
[6] アクションセンターでの通知可否を設定します。


ページトップへ戻る