パナソニック・ホーム パソコンサポートトップ > セキュリティ情報 > Bluetoothに対するDoS攻撃に関する脆弱性問題の対応について

ここからメインコンテンツです

2018年09月20日公開

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社
モバイルソリューションズ事業部

Bluetoothに対するDoS攻撃に関する脆弱性問題の対応について

平素は、パナソニックパソコンをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

Bluetoothに対するDoS攻撃を受けた場合、BSODを引き起こす脆弱性情報が公開されました。
下記に、状況をご案内いたします。今後の状況に応じて随時情報を更新いたします。

なお、本掲載内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

■発生する問題の概要

Intel Bluetoothデバイスに対し、DoS攻撃を受けた場合、BSODを引き起こします。

詳細については、下記インテル株式会社のページをご覧ください。

・インテル株式会社サイト

脆弱性についての対応内容は、下記をご確認ください。

■Bluetoothドライバー

対象のIntel Bluetoothデバイスが、サポート対象外のため、Intel社より対策ドライバーが提供されません。

【対策】
DoS攻撃を受けないようBluetooth機能を無効にしてください。

対象機種 対象OS 対応ドライバー 備考
レッツノート CF-B11Yシリーズ
CF-B11Uシリーズ
CF-B11Tシリーズ
CF-B11Qシリーズ
CF-B11Aシリーズ
Windows 10
Windows 8.1
Windows 7
対象外(※)  
CF-B10Wシリーズ
CF-B10Uシリーズ
CF-B10Gシリーズ
CF-B10Fシリーズ
CF-B10Eシリーズ
CF-B10Dシリーズ
CF-B10Cシリーズ
CF-B10Bシリーズ
CF-B10Aシリーズ
Windows 10
Windows 8.1
Windows 7
対象外(※)  
タフブック
タフパッド
タフパッド 4K
CF-C2Aシリーズ
CF-31W、31Sシリーズ
CF-19Z、191シリーズ
CF-D1G、D1Kシリーズ
CF-H2P、H2Fシリーズ
CF-H2Bシリーズ
FZ-G1Aシリーズ
UT-MA6、MB5シリーズ
Windows 10
Windows 8.1
Windows 7
対象外(※)  
※ Intel社のサポート対象外のため、ドライバーが提供されません。
このウィンドウを閉じる