Windows 8 サポート評価情報(Windows 7へのダウングレード)

公開日 2013年03月25日

本ページでは、レッツノートシリーズ 2012年冬モデル(Windows 8 Pro 64 ビット(日本語版) プリインストールモデル)を「Windows 7 Professional SP1 64 ビット(日本語版)」にダウングレードするにあたっての、サポート情報をご案内いたします。

※ここでは以降、「Windows 8 Pro 64 ビット(日本語版)」を「Windows」または「Windows 8」と表記し、「Windows 7 Professional 32ビット(日本語版)」および「Windows 7 Professional 64 ビット(日本語版)」を「Windows 」または「Windows 7」と表記いたします。
 

サポート情報一覧

ページトップへ戻る

対象機種

本情報は、下記の機種が対象となります。

レッツノート マイレッツ倶楽部モデル
CF-AX2MEMBP、CF-AX2MEDBP、CF-AX2MVNBP、CF-AX2MVEBP、CF-AX2MENBP、CF-AX2MEEBP
CF-SX2LEEBP、CF-SX2LEFBP、CF-SX2MEKBP、CF-SX2MVMBP、CF-SX2MEMBP、CF-SX2MENBP
CF-SX2MECBP、CF-SX2MEDBP
CF-NX2LEFBP、CF-NX2MVNBP、CF-NX2MENBP
CF-B11QDBBP、CF-B11QD3BP

店頭販売モデルの情報はこちらへ 》
 

ページトップへ戻る

Windows 7 ダウングレードとは

Windows 8 Pro 64 ビット(日本語版)プリインストールモデルは、Windows 7 ProfessionalのOSをインストールして使用するダウングレード権が与えられています。
Windows 8 ProからWindows 7 Professionalにダウングレートするには、製品をご注文時にOSのカスタママイズでWindows 7 Professionalをご選択してダウングレードサービスを受けてください。
工場出荷時には、Windows 7 Professionalがインストールされた状態となります。
なお、製品ご購入後のWindows 7ダウングレードサービスは実施しておりませんのでご了承ください。
 

ページトップへ戻る

Windows 7ダウングレードに関する注意事項

1) Windows 8とWindows 7の両OSを同時に使用することはできません。
2) 製品が納品されましたら、リカバリーディスク作成ユーティリティを使ってリカバリーディスクを必ず作成してください。
この時にWindows 7用とWindows 8用の2種類のリカバリーディスクが作成されます。
リカバリーディスクを作成する方法は、「Windows 7ダウングレード版 お知らせ」をご覧ください。
3) Windows 7ダウングレード環境からWindows 8環境に使用OSを変更する場合は、前記で作成したWindows 8用リカバリーディスクを使ってインストールします。
リカバリーディスクでインストールを行なうと、お客様がインストールされた各種ソフトや設定内容、またはデータは全て消去されます。
データについては、インストール前にバックアップを取ってください。
4) インストールOSによってビデオメモリーの最大サイズが変わります。
  Windows 8( 64 ビット):1664 MB
  Windows 7( 64 ビット):1696 MB
  Windows 7( 32 ビット):1544 MB
5) Windows 7にダウングレードする場合は、パソコンのBIOS設定で「UEFI起動」を無効に設定してください。
6) Windows 8 Proを再インストールされる場合は、BIOS設定で「UEFI起動」を再度、有効にしてください。
7) 下記のWindows 8 Proの機能は「UEFI起動」に依存するため、「UEFI起動」が無効の状態では動作しません。
  ・セキュア ブート
  ・シームレス ブート エクスペリエンス
  ・トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)が搭載されたコンピューターに対する
   BitLockerのネットワークロック解除
  ・eDriveのサポート
ページトップへ戻る

Windows 7用の説明書ダウンロードについて

Windows 7用の説明書のPDFファイルが、下記よりダウンロードができます。

掲載されているPDFファイルは、ファイルサイズが非常に大きくなっておりますので、説明書名の上で、「右クリック」し、「対象をファイルに保存」を選択し、任意の場所に保存してください。

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
最新版のAdobe Readerをダウンロードするには、左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックしてください。
ページトップへ戻る

Windows 7用の導入済みドライバーについて

Windows 7用の導入済みドライバーが、下記URLよりダウンロードができます。

ページトップへ戻る