[Windows 10] Windows 10とは

Windows 10は、Windows 8.1 の後継オペレーティングシステム(OS)です。

Windows 8シリーズでなくなっていた「スタートメニュー」が復活し、さらに使いやすくなりました。
また、新ブラウザ「Microsoft Edge」の搭載やタッチパネルの操作に適した「タブレットモード」、パソコンでの作業の利便性や効率化を上げる「仮想デスクトップ」などの機能も新たに追加されています。

「デスクトップモード」と「タブレットモード」

Windows 10では、キーボードとマウスでの操作に適した「デスクトップモード」とタッチパネルの操作に適した「タブレットモード」の2つのモードがあります。
この2つのモードは簡単に切り替えて使用できます。

【モードの表示例】

デスクトップモード
タブレットモード

【補足情報】
この2つのモードの説明や操作を簡単に見分けられるように、下記のアイコンを各項目タイトルの左端に表示しています。

デスクトップモードのみ タブレットモードのみ 2つのモード共通

ページトップへ戻る

新しいスタートメニュー

新しいスタートメニューは、Windows 8シリーズのタイル形式のメニューからも、Windows 7 のようなメニューからも操作ができます。

【スタートメニューの表示例】

Windows 7 のような一覧メニュー
Windows 8シリーズのようなタイル形式のメニュー
スタートメニューはサイズ変更可能です。


ページトップへ戻る

Microsoft Edge

「Microsoft Edge」は、Windows 10で搭載された新しいブラウザです。
ページに直接メモを書き込んだり、キーボードで文字を打ち込むこともでき、後で読みたい文章を保存できるなどの新機能があります。

【手書き入力の表示例】


ページトップへ戻る

仮想デスクトップ

「仮想デスクトップ」は、同時に複数のアプリやウィンドウを立ち上げて作業をする際に、仮想的なデスクトップを作ることができます。
また、作業ごとに作成したデスクトップを切り替えて使うことができます。
(タブレットモードでは使用できません。)

【仮想デスクトップの切り替え表示例】