[Windows 10] 仮想デスクトップを切り替える

仮想デスクトップ機能は、同時に複数のアプリやウィンドウを立ち上げて作業をする際に、作業ごとに仮想デスクトップを作成して切り替えることで作業の利便性や効率化を上げることができます。
仮想デスクトップの追加/削除方法については、「仮想デスクトップを追加する/削除する」でご確認ください。
※タブレットモードでは、仮想デスクトップを使用することができません。

※タッチパネル操作の場合は、「タップ」がマウスのクリックと同じ操作になります。(タッチパネル搭載モデルのみ)

仮想デスクトップを切り替える方法

仮想デスクトップを切り替える方法を説明します。

  1. 画面下部にある(タスクビュー)をクリックします。
  2. 表示したいアイコン(例:デスクトップ3)をクリックします。
  3. 仮想デスクトップが切り替わります。
ページトップへ戻る