データ実行防止機能(DEP機能)


コンピューターウイルスの被害を最小限に抑えるために、データ実行防止機能(DEP機能)の使用をおすすめします。

データ実行防止機能(DEP機能)について

コンピューターウイルスの中には、メモリーに悪意のあるデータを大量に送り込みメモリーでの処理を混乱させるものや、データ内に潜ませていた不正なプログラムを実行するようなものがあります。DEP機能を使うと、これらの活動を停止させることができます。

レッツノートシリーズでは、DEP機能を使うために次の2つの設定があります。

セットアップユーティリティの[データ実行防止機能]
レッツノートシリーズは、DEP機能対応のCPUを搭載しており、このCPUのDEP機能を有効にするか無効にするかを設定できます。
通常は、[有効](工場出荷時の設定)のままお使いください。[無効] にすると、CPUの機能を使わずWindowsのソフトウェアによる例外処理機能だけになるため、不正なプログラムが実行される可能性が高くなります。
WindowsのDEP機能
アプリケーションソフトやプログラムに対してDEP機能を使うように設定できます。工場出荷時は、重要なWindowsのプログラムおよびサービスについてのみDEP機能が有効になるように設定されています。セキュリティをさらに高めたい場合は、すべてのアプリケーションソフトにDEP機能が有効になるように設定することをおすすめします。
ページトップへ戻る

データ実行防止機能(DEP機能)を有効/無効にする

DEP機能に対応していないアプリケーションソフトに対しては、正常に動作しなくなる場合があります。
詳しくは、お使いのアプリケーションソフトのメーカーにご確認ください。

すべてのアプリケーションソフトに対してDEP機能を有効にする
手順をご覧になるには、下記のFAQを参照してください。

すべてのアプリケーションソフトに対してDEP機能(データ実行防止機能)を有効にする
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/003474
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/002407
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/001996
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/001997
 
特定のアプリケーションソフトに対してDEP機能を無効にする
DEP機能によってアプリケーションソフトが起動できなかった場合は、メッセージ画面を閉じ、アプリケーションソフトが安全かどうかを開発元にご確認ください。安全が確認できれば、次の手順で特定のアプリケーションソフトに対してDEP機能を無効にしてください。

手順をご覧になるには、下記のFAQを参照してください。

特定のアプリケーションソフトに対してDEP機能(データ実行防止機能)を無効にする
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/003475
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/002408
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/001998
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/001999
ページトップへ戻る